« はなばなし・はなはなにいろ? | トップページ | はなばなし・この花の名前を僕はいつも忘れる »

2013.04.21

はなばなし・だれもかれもまだらだから

20130421_img15320_1s


ソーシャル()にしろリアル()にしろ自分と意見の合う人たちの集まりの中にいると、
互いに同調し合って異様な連帯感に包まれてしまうコトがあったりするワケだけど、
そういう集団から漏れ聞こえてくる意見を外から見ていると、どこからどこまでが
一つの個体によるものなのか分かりにくく、よほど子細に観察していかない限りは
漠然と一括りにして見てしまって、「あの連中オモロイな」だとか、あるいは逆に
「あの集団おかしい」とか「あいつらキモイ」といった感想しか出なかったりする。

まあそういう特定の個体を的確に指摘するコトもなく漠然とした感想を投げ合って、
何となく感情が対立し合った結果として集団間の闘争に発展してしまう場合もある。
そんな争いの詳細を観察していくと、個々の相手まで明確に識別して攻撃している
ような例は多くなく、むしろ「アイツら」への怒りだとか恨みばかりが見えてくる。

--
斑入りの花が沢山まとまって咲いてると一つひとつの輪郭が分からなくなってくる。
しっかり見ようと思うなら近寄って個体を識別するコトも必要になるんではないか。

|

« はなばなし・はなはなにいろ? | トップページ | はなばなし・この花の名前を僕はいつも忘れる »