« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(116) 意志の下にも反同調圧力 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(435) 雨の土曜日 »

2013.05.10

GO-理性

20130510_img15739_1s


傍から見て合理的な判断・行動をしていないと思われるような場合って、
「その人の中では合理的な判断」の結果だったりするのが普通であって、
大概は「傍から見て合理的」でなくなっている理由が厳然としてあって、
ただししばしばそれを明確に自覚できていなかったりするものであって、
つまるトコロ人間の思考というのは限定的な範囲内でしか合理的でない、
というだけのコトだけど合理性の範囲が重ならないと話が噛み合わない、
ただ噛み合わぬ相手が合理的でないと考えたがるのが人間だし良くない
トコロだとは思うのだけれど分かっていたってなかなか容易に直らない。

--
人間というヤツは思考の際にどうしても若干の感情が紛れ込んでしまい
特に情報の取捨選択の段階でソレが網羅性を損なってしまったりするが、
そのコト自体に気付くコトができないという脆弱性が残っていて厄介だ。

せめて脆弱性を突かれたら素直にそれと認めたいものではあるのだけど、
どうしても痛いもんだから本能的に身を庇う行動が先に出てしまいがち。
その部分まで妥当な反応ができるように心身を鍛えるには人生が短くて。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(116) 意志の下にも反同調圧力 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(435) 雨の土曜日 »