« 陽炎の如く捉え難い | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(114) 生らぬトコロにも生るコトがある »

2013/05/01

曖昧もこもこしたトコロ

20130501_img15693_1s


曖昧にしたままでは気が済まないっていう感覚も分からんではない。
たとえば仕事と休みを曖昧にしておいてはカレンダー上の連休など
あっという間に過ぎてしまい何も進んでなかった、となりかねない。

ただ逆に、明確化しようとするあまり時間やコストを過剰に浪費し
疲弊してしまうようなケースが存在するのも事実であり、そういう
のを引き摺るとロクなコトがないので割と早めに割り切るのが良い。

--
でも、そいうのは曖昧なままでも大きな問題が生じなかったりする
コトも少なくないので、明確化しようとする行為が半ば自己満足の
ようになってしまったりするから、「結論を先送りして様子を見る」
という暫定的な結論に落ち着かせて保留しつつ、何かの機会を捉え
今までとは違うアプローチで解決を目指してみたり、新しい手法に
気付いたときに取り組んでみたりすると、いいんじゃないかと思う。

もちろん課題があるコトまで忘れ去ってしまうのは宜しくないので、
ただ心の片隅に収納しておいて、ときおり取り出して眺め回したい。

|

« 陽炎の如く捉え難い | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(114) 生らぬトコロにも生るコトがある »