« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(114) 生らぬトコロにも生るコトがある | トップページ | 屋根より高いトコロからは何が見える »

2013.05.03

木に花を継いだようなハナシ

20130503_img15732_1s


いろいろと先送りしがちな(気長な!)性格であるにも関わらず、人生の
多くの場面で思考を放棄せずに済んできたような気がするのだけれども、
それはきっと自信のなさから来ているのだろうなと、思ったりしている。

先日のドライブのとき、いつものように車中で母と取り留めもない話を
していて、母方の祖母と父方の祖母の性格についての話題に行き着いた。
今や故人のこの両者、どちらの性質も孫世代には受け継がれているのだ。

一方の祖母は「気にしない」性質で、他方の祖母の「良く言えば繊細な」
性質と、まさに対照的というトコロ。その相容れないような性質の両方、
これが、あるときは一方が、あるときは他方が、前面に出てくる感じだ。

おかげでモノゴトに対する反応が時と場合により違ってしまったりして、
どちらかに偏っていた方が生きやすくはあるんじゃないかと思うんだが、
両方の性質を持ち合わせているからこそ、おかげで一部の友人の悩みに
共感しつつ、かつ引き込まれずにいられるのではないかという気がする。

--
まあ自分の中に多様性を持っているようなもんだから一貫性がないのは
致し方ない、ただ多様性の中から、ちょっと他にない特性が出てくれば、
それが大して役に立たないようなモノでも、大切にしたいものではある。

|

« 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(114) 生らぬトコロにも生るコトがある | トップページ | 屋根より高いトコロからは何が見える »