« 自称逸般塵の不通の日記(435) 雨の土曜日 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(436) 調整の週 »

2013.05.12

夏へ向けての転換点

20130512_img15871_1s


雨の降らない日は暑くて、そろそろ青空が恨めしい季節になってきた。
このところ身体が重たく感じられるのは、暑いのが苦手だから出歩く
頻度が減ってしまう上に、暑さで消耗する体力を補おうと寒冷期より
摂取カロリーが増えがちになるといった、複合的な要因だと思われる。

運動不足をもたらしている外出頻度の低下の原因は他にもう一つあり、
せっかく仕事が先月に続けて入ってきたというのに作業の進みが遅く
下手をすれば続かなくなってしまうのではないかという危機感と焦り、
それによる自縄自縛、言うなれば「終わらないと動けない」精神状態。

喫茶店などに出て気分を切り替えて作業するという方法もあるけれど、
今は仕事をした分が収入になるまで待たねばならない状態にあるから、
暑くなる自室内で我慢して仕事を続けるというのが日常になるワケで、
早く仕事を片付けて収入に変えて次の仕事を迎え入れたいのだけれど。

--
だが夏モードに切り替わりつつある身体を、どこかで完全に切り替え
完了させてやらないといけないような気がするのも事実なので、例年
初夏のどこかでやるように一日かけて身体を動かし汗をかいてきたい。
あと旨い物、できれば辛くて熱くなるようなのを食って汗をかきたい。

丸一日以上の時間を投資する気分転換だけに計画きちんとしないとな。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(435) 雨の土曜日 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(436) 調整の週 »