« 自称逸般塵の不通の日記(440) 雨の自宅作業 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(440.7) 薄皮一枚の晴天 »

2013.06.14

自称逸般塵の不通の日記(440.3) 自宅の曇天

20130614_img16339_1s


まだ梅雨空が晴れない、何処へ行っても湿気で落ち着かない、
作業の進捗は遅れ気味でキリが悪くてズルズル続けていたら
朝になって意識が途切れてしまったりで、あまりに不規則な
睡眠からくる頭痛頭重、そうして気付けば夜中になっていた。

湿気った空模様が続いているのと作業に追われて面倒なのと
相俟って洗濯を怠り続けて数日、もうそろそろ諦めて選択だ。
寒暖そんなに激しくないとはいえ夜が更ければ少しは涼しい、
シャワー浴びてさっぱりしたら、家事と作業に取り掛かろう。

--
まあ雨だって永遠に続くワケではなく週明けには止む予報で、
むしろ暑さの本番は雨が上がって陽射しが降り注いでからで、
精神的にも肉体的にも厳しい季節は本番にも入ってないのだ。

まだ今そんなに弱っていられないというコトくらいは分かる。
けれども早くも滅入りかけているのもまた事実ではあるので。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(440) 雨の自宅作業 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(440.7) 薄皮一枚の晴天 »