« 厄介なのは弱い自分 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(117) 白い猫でも黒い猫でも、都会の猫は鼠を捕らない? »

2013.06.25

たまには時事ネタ(92) とぎせん?いかにせん?

20130625_img16260_1s


自分が駄目な存在ではないと思いたいときには他者を貶めるのが一番。
というワケで日曜の選挙の結果を受けてのネタでも書いてみようかと。

ソーシャル()などでは民意ガーとか言ってる人も少なからず見受ける。
けれど選挙の仕組みからして少しの「民意」のブレが大きく出るのは
致し方ないというかそういうシステムとして設計されているのであり、
そのルールに誰もが否も応なく従って議席を争うのが選挙というもの、
都合が悪いときだけ仕組みがおかしいとか言うのもおかしなハナシで。

自分が抱える課題意識を完全に網羅するような政党や候補なんてのは
たいがい存在しないんで、まあせいぜい選挙というシステムを通じて
意志を最大限に反映させられそうな行動を選択して実行するだけだな。

--
まあそれはそれとして。

数年前に政権交代がどうだといって盛り上がったり、その少し後には
第三極だとかそういうのをマスメディアが持て囃したりしていたけど、
結局のトコロ既存のナニカを敵だとか悪だとみなして攻撃する様子が
日常に不満を抱く人の票を少しばかり集めただけだったというコトか。

そもそも専ら既存のナニカを叩くような政治家(候補者)という連中は
もともとそういう不満だのを抱えているからそうしているのが大半で
あるらしく、そんな本音がネット上でポロリと漏れてしまったりして
発言を叩かれたりする例は非常に多い。ある意味で哀れな自業自得か。

ヨノナカのナニカを悪とみなし過激な攻撃を加えるコトで同じ対象に
不満を抱く人々の溜飲を下げて味方につける作戦は、これまで以上に
大きなリスクを伴うものとなりつつあるのが今のソーシャル()社会だ
と思われるので、まあ政治家・候補者におかれましては注意されたし。

などと自身のやってるコトを棚に上げて蓋をして鍵を閉めようとする。

|

« 厄介なのは弱い自分 | トップページ | 役に立つか苦言かどうかは受け手次第(117) 白い猫でも黒い猫でも、都会の猫は鼠を捕らない? »