« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013.06.30

盛夏主義は好みでない

20130630_img16462_1s


6月が終わり7月になる。夏本番は、まだまだこれから。
まだ夜は涼しいので過ごしやすいが、今後2~3カ月は
夜も蒸し暑くて寝苦しい日々が続くはずなので我慢だ。

不快指数が高まるにつれて不活発になりがちなもんで、
逆に意識して動くようにするのが近年の夏の過ごし方。

「夏だ!」とばかり遊びに出る人たちもいるけどそれ
とは逆に「夏だから仕方ない」という消極的な方向性。

続きを読む "盛夏主義は好みでない"

|

2013.06.29

じっくり時間をかけて幅広く

20130629_


マスコミは嘘吐きだから見るな聞くな信じるな、とか声高に
主張する人もヨノナカたまにいる。ソーシャル()とかに多く、
身近に集まった意気の合う人たちからのみ情報を摂取してる。

でも実は多くの場合、聞きたくないような情報が流れてきて、
嫌になったトコロへ何処かから見ない聞かないで済む理由を
拾ったり作り出したりして利用してるだけだったりするよね。

だいたいマスコミの中でも、読者視聴者が一瞥しただけでも
何となく中身が伝わりそうだなというキャッチをつけただけ、
ってのがほとんどのように思うんだけど、それをあげつらい
「○○の犬」だとか偏った思想を持つ集団であるかのように
言われてしまうのは、おそらく双方にとって不幸な行き違い。

続きを読む "じっくり時間をかけて幅広く"

|

2013.06.28

居心地の良さの裏返し

20130628_img16188_1s


ソーシャル()で顕著になったものといえば、ヒトの敵味方感覚だろう。
何かというと同じ対象を嫌う/好む者どうし繋がりやすいもんだから、
感情の方向性や色彩のようなのに強く依存したヒト集団が形成される。

その集団内では「ミウチ」「味方」といった意識がヒトを結びつけて
主に文字で遣り取りする環境であっても文脈などに基づいた非言語の
コミュニケーションが成立していて不鮮明ながら強固な障壁ができる。

で、そんなクラスタの主要人物が外部のの人物と衝突したようなとき、
無思慮に「ミウチが攻撃されている!」と憤慨し、その外部の相手に
対し攻撃を仕掛けてクラスタ間の抗争にまで発展すること、しばしば。

続きを読む "居心地の良さの裏返し"

|

2013.06.27

そこに居るのは居心地が良いから?

20130627_img16193_1ts


ソーシャル()に限らずネット上のアレコレというのは街での噂話とか
井戸端会議の場みたいなもんで、虚実取り混ざった情報に感情の色を
つけて流すと同調の声が返ってきたりして内輪で盛り上がってみたり、
あるいは微妙なネタだと何となしにスルーされて流れ去っていったり、
そうかと思えば異様なほど拡散されて無数の批判非難が返ってきたり、
まあ大概の場合は難しく考えないでワイワイガヤガヤ騒ぐようなもの。

人間というのは、特定の問題、特定の相手について理に適った思考を
停止し感情でのみ判断しているコトが、割と少なからずあったりする。
そもそも進化の過程では思考能力より先に感情を手に入れていたはず、
その感情は今も何ら退化せぬまま維持されていて、より複雑な思考の
処理を待っていては間に合わないような急を要する場面で使っている。
というか、まあ熟慮しない限りは基本的に感情で動いてたりするのだ。

いろいろな可能性を考え、その選択肢を整理して合理的な結論を出す
というのは実際のトコロ割と面倒だし疲れるので、個人差はあるけど
常に熟考熟慮して日常生活を送っていられる人物なんて滅多にいない。

そりゃぁ大して考えず感情のままに言い放ってる方が楽に決まってる。
だから皆がそういう場に集まってくるのも、まあ自然な成り行きだな。

続きを読む "そこに居るのは居心地が良いから?"

|

2013.06.26

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(117) 白い猫でも黒い猫でも、都会の猫は鼠を捕らない?

20130626_img16258_1tts


ワイドショーのコメンテーター的な候補者が乱立しては消えてくので、
いずれ真面目に仕事しそうな人物が残れないっていうのはあるかもな。
そもそも仕事をする場が得られないなら政治家にもなれないワケだし。

たいがいメディアが流す情報というヤツはヒトビトの興味の方向性に
沿って人気になったり話題になったりするよう料理されているもので、
ワイドショーのコメンテーターもまさにそのベクトルなのではあろう。

「事実かどうかなんてどうでもいいから何も考えずに感動しろ」的な
風潮がマスメディアから発信され今の社会に蔓延しているとの批判を
どこかで見たけど、「よく分からないけど感動するよねー」といった
反応を示す人たちは常に相応の割合で存在しているように思うのだな。

続きを読む "役に立つか苦言かどうかは受け手次第(117) 白い猫でも黒い猫でも、都会の猫は鼠を捕らない?"

|

2013.06.25

たまには時事ネタ(92) とぎせん?いかにせん?

20130625_img16260_1s


自分が駄目な存在ではないと思いたいときには他者を貶めるのが一番。
というワケで日曜の選挙の結果を受けてのネタでも書いてみようかと。

ソーシャル()などでは民意ガーとか言ってる人も少なからず見受ける。
けれど選挙の仕組みからして少しの「民意」のブレが大きく出るのは
致し方ないというかそういうシステムとして設計されているのであり、
そのルールに誰もが否も応なく従って議席を争うのが選挙というもの、
都合が悪いときだけ仕組みがおかしいとか言うのもおかしなハナシで。

自分が抱える課題意識を完全に網羅するような政党や候補なんてのは
たいがい存在しないんで、まあせいぜい選挙というシステムを通じて
意志を最大限に反映させられそうな行動を選択して実行するだけだな。

続きを読む "たまには時事ネタ(92) とぎせん?いかにせん?"

|

2013.06.24

厄介なのは弱い自分

20130624_img16379_1s


期待薄だった先月の商談が正式に流れたとの連絡が入ってきた。
クライアントは作業を分割して委託する計画でいたと言ったが、
結局は別のトコロ(会社組織)に全部持ってかれたという結果だ。
既に予想できてた(どうもそうなりそうだという連絡はあった)
コトではあるけれど、やはり改めて連絡が来ると少し落ち込む。

そんな邪魔が入らずとも腹が減った喉が渇いた眠くなった云々、
作業中断に陥るような理由など普段から既に山ほどあって困る。
そのたびに再開まで時間が掛かってしまうのが常に課題である。

続きを読む "厄介なのは弱い自分"

|

2013.06.23

面倒事は纏まって来る

20130623_img16384_1s


で、休み休みやっていると時間が過ぎてばかりでアレなんだが、
まあ仕方ない、それでも食うためしっかり仕事をせねばならん。

せめて作業を分解する際のオーバーヘッドを何とかして減らし、
アタマを使う部分を全体的に圧縮して効率化してやるとしよう。

続きを読む "面倒事は纏まって来る"

|

2013.06.22

下手な知恵は休み休み使うようにした方が無難?

20130622_img16381_1s


「単純作業」に落とし込む部分を増やした方が良いのだろうな。
現状、いろいろなトコロで頭を巡らして考えながら作業してる。

実のトコロ思考するコトのオーバーヘッドは相当に大きなもの、
いちいち考えながら作業をしていたら、そりゃ終わらんワケだ。

アタマを使うのは疲れるから、唸りながら仕事してると次第に
ぐったりしてきて、ついには途中でダウンしてしまったりする。

で、気付けば何時間か意識を失っていたコトに気付いたりして、
余計な遅れにより余計に自分を追い込んで良くないスパイラル。

続きを読む "下手な知恵は休み休み使うようにした方が無難?"

|

2013.06.21

自称逸般塵の不通の日記(441) 部屋の中にまで停滞前線

20130621_img16441_1tts


沖縄方面から北上してきた台風が梅雨前線を刺激し西日本を中心に
まとまった雨を降らせているが少し離れた関東地方では前線が南に
離れ気味なせいか程良くシトシト降る雨となって、おかげで涼しい。

こう涼しいと散歩に出たくなるのが常だけど作業のため自宅に停滞。

まあ自室で汗かきつつ作業、とはならないだけマシかもしれないな、
喫茶店などに避難しなければならぬようではカネがかかって困るし。
ただ、いつもの部屋で唸っていたって、やっぱり進捗はイマイチで。

涼しいと心地好くて眠くなってしまうのが常で余計に作業は停滞中。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(441) 部屋の中にまで停滞前線"

|

2013.06.20

厄除に行ってきた

20130620_img16319_1s


仕事の失注も少なくないんで「商売繁盛」にしようかと思ったが、
最近のあまりの貧乏に堪えかねて「金運上昇」でお願いしといた。
なにしろ兎にも角にもカネが入らなければ生活が回らないのだし、
数年前には大量の仕事に追われたにも関わらず儲からなかったり
した苦い経験もある、相応には儲かるようになってくれないとな。

生活に余裕ができたら手を出したいコトなら数々妄想しているよ。
人生の後半戦まだまだ長いとは思うけれど、あまり遅くなっても
身体がついてこなくなる。そろそろ少しくらい良い目を見たいさ。
いやそもそも現状の貧乏生活は家族や友人をはじめ周囲に多大な
迷惑をかけるほどまで酷いのだから、脱出せねば申し訳も立たぬ。

続きを読む "厄除に行ってきた"

|

2013.06.19

違いが分かるぉ、ってトコ?

20130619_img16431_1s


区別・識別・差別・分別、云々……。分け隔てる言葉ならいろいろあるけれど、
個人的には全体を分離分割する線のトコロに注目したい。そこ、本当は一本の
細く明瞭な線があるのではなく、幅広く曖昧なグレーゾーンだったりするから。

現実離れ極まりないゼロリスク論と、理想なんてくそくらえ的なぶっちゃけ話、
そのどっちでもなくて中間の程良いトコロを行かないといけないのだけれども、
どうしても衆生は思い切り打ち上げたような発言にばかり飛びつくので希薄だ。

続きを読む "違いが分かるぉ、ってトコ?"

|

2013.06.18

知る区別

20130618_img16420_1s


初夏の水辺で見らる花といえば蓮、と思ったら少し早かったらしく
実家近くの沼には咲いていなかったので睡蓮の池のある公園へ出た。
池の浅い部分の水面を縁取るように広がる切れ目のある葉の間から
ところどころ花だけが顔を出し、一面の緑の中に彩りを添えている。

陽が少しばかり出たおかげで前日までの雨が気温のみならず湿度も
押し上げてくれたもんで蒸し暑い限りだが歩かなくても暑いならば
歩かにゃ損々とばかり汗を垂らしながら池を巡って雑木林を抜けて
水路の脇を通り田植えの済んだ水田に出れば水面を渡る風が涼しい。

続きを読む "知る区別"

|

2013.06.17

暑さでひっくり返りそうな生活サイクル

20130617_img16392_1s


暑いからといって動かないでいると代謝が低下して動き出すのが億劫になる。
特に外出の予定がない日などは身体が動きたがらず日が暮れてしまうコトも。

この時季には、きちんと食事をして、シャワー浴びて、涼しい時間に眠って、
多少の暑さは我慢して身体を動かしたりして代謝を保ってやらんといけない。

いやその、ダラダラ過ごしてしまった日には、こういう反省をしがちなのだ。

続きを読む "暑さでひっくり返りそうな生活サイクル"

|

2013.06.16

蒸すんです夜

20130616_img16347_1s


蒸し暑さに弱いとはいえ、数日もすれば慣れるはず。
まあすぐ季節は移ろって数日も同じ天気は続かない、
というあたりが日本の気候の意地悪なトコロだけど。

続きを読む "蒸すんです夜"

|

2013.06.15

自称逸般塵の不通の日記(440.7) 薄皮一枚の晴天

20130615_img16331_1s


涼しい中で寝て起きて少しは元気が出たかと思ったのだけど、
予報に反し午後には晴れて暑くなってきてしまってまた暑い。

まあ溜まっていた洗濯物を思い切って洗って干していたので、
それが乾いてくれるのは有難いのだけれど、やはり暑い暑い。

しかもカラッとした晴天でなく薄雲の残った晴れ間だもんで、
身体の周りに何か湿度の高い空気層が一枚残ったような感触。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(440.7) 薄皮一枚の晴天"

|

2013.06.14

自称逸般塵の不通の日記(440.3) 自宅の曇天

20130614_img16339_1s


まだ梅雨空が晴れない、何処へ行っても湿気で落ち着かない、
作業の進捗は遅れ気味でキリが悪くてズルズル続けていたら
朝になって意識が途切れてしまったりで、あまりに不規則な
睡眠からくる頭痛頭重、そうして気付けば夜中になっていた。

湿気った空模様が続いているのと作業に追われて面倒なのと
相俟って洗濯を怠り続けて数日、もうそろそろ諦めて選択だ。
寒暖そんなに激しくないとはいえ夜が更ければ少しは涼しい、
シャワー浴びてさっぱりしたら、家事と作業に取り掛かろう。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(440.3) 自宅の曇天"

|

2013.06.13

自称逸般塵の不通の日記(440) 雨の自宅作業

20130613_img16329_1s


そんなワケで昨日は朝から晩まで外仕事に追われて終わった。
道具類は絞ったものの焼け石に水、重く嵩張る機材を担いで
蒸し暑い中を終日ウロウロ歩き回ったりして大汗かいた上に
いろいろ忙しくて水分もロクに摂れなくてぐったりして帰宅。

持ち歩いた道具を片付けたり持ち帰ったデータを整理したり、
などは何とか済ませたけどアウトプットは翌日に持ち越した。

いや正確に言えばPC上のデータ処理が待っていたのだったが、
コイツはバッチを流しといて寝て起きれば終わっているはず、
と思ってたのに上手く行ってなかった、何故か電源が落ちて
いて立ち上げたら空のブラウザ窓が一つ開いて、それっきり。

仕掛けていたデータが消えたワケではないのだけど、一部は
初期状態に戻ってて続きの処理をするには設定し直す羽目に。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(440) 雨の自宅作業"

|

2013.06.12

予定と想定と既定路線

20130612_img16328_1s


さてそんなワケで仕事。今週は少し多めに入っているので蛇腹は封印。
あときっと散歩らしい散歩も週末くらいにならないとできない予感が。

空梅雨の晴天が続いていたのが気付けば曇って雨模様となってきてて、
台風が本州南海上に接近しつつあるというタイミングで久々の外仕事。
まあ今の時季、晴れていれば日射で暑くて汗をかき、曇りや雨ならば
蒸して動くと汗をかく、いずれにせよ汗にまみれて出歩くのだけども。

で今回の外仕事では拘束時間ほぼ終日、都心を横切って東の向こうへ。
朝早く出るコトになるので座れる電車を狙って眠って行こうかと思う。

続きを読む "予定と想定と既定路線"

|

2013.06.11

暗箱に針穴(53.5) 蛇腹の先は、当分無理

20130611_img16298_1s


より重量も剛性感もある(少なくともウチのよりマシな)三脚を置いてる
友人宅に蛇腹を持ち込んで撮ってみれば、まあ少しはシャープに撮れた。

今回の被写体は紙幣や硬貨。ごくありふれた、見慣れたモノであっても、
このくらいの倍率まで拡大すると全く違う姿を見せてくれるのが楽しい。

十円玉の鳳凰堂の刻印は摩耗しているかと思いきや角の立った姿を見せ、
五円玉の稲穂は丸みを帯びて古い文化財か何かを眺めているかのようだ。

しかし札のホログラム部分を拡大してみて、もっと倍率を上げたくなる。
より細かな構造が、金属光沢の印刷の中に隠れてるはずなのだから……。

続きを読む "暗箱に針穴(53.5) 蛇腹の先は、当分無理"

|

2013.06.10

暗箱に針穴(53) 蛇腹の練習中

20130610_img16277_1s


極貧ゆえ新たにレンズやボディなど購入するべくもない現状ではあるが、
(というよりむしろなけなしの機材を処分せねばならぬ可能性すらある)
それでも今までやってなかった撮影方法に挑戦したい欲求を満たすため、
以前から気になっていた接写ベローズに手を出すコトにしたのであった。
いやまあふと気になって調べてみたら中国製のが思ったより安かったし。

ほぼ初の蛇腹ではあるがエクステンションチューブなどを使った経験も
あるので操作感や撮れそうな画など、まあ概ね予想に近い感触ではある。
どうせ主に使ってるカメラシステムは電磁絞りでベローズを介せば連動
しなくなるし等倍~数倍の倍率を狙っているから逆向き装着も多いはず、
なので余ってた(カネにもならん)古い他社レンズをアダプタ経由で取付。

続きを読む "暗箱に針穴(53) 蛇腹の練習中"

|

2013.06.09

自称逸般塵の不通の日記(439) たのしみは、まれにモノ見て

20130609_img16247_1s


もちろん都合があれば夏日の昼間だっても外を歩き回るコトはある。
土曜、撮影用の小物部品を買うため隣の隣の駅までバスで出た帰り、
そのまま夕暮れの街で、目についたモノを撮影しつつ散歩してきた。

撮影しながらの散歩では顔写真を狙うのがいつものスタイルだけど、
最近そればかりになっている気がしていて、少し他のモノにも目を
向けるよう意識していて、今回は古い住宅街らしい様子など撮った。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(439) たのしみは、まれにモノ見て"

|

2013.06.08

悩んでなんか、やらんもんね

20130608_img16210_1ts


いろいろ儘ならぬ人生を悩むのは夜でなく明るい間の方が良い。
のだが少なからず夜になって、そんな思いが頭を擡げたりする。
そんな思考に囚われた夜には、不意に散歩に出たりするコトも。
まあ今の時季まだ夜なら涼しいから、丁度良い運動でもあるか。

それにしても深夜の街を歩いているといろいろなモノに出会う。
そんなとき、ヨノナカは不思議な造形に満ちているのだと思う。
その全てを記録しておきたいなんて考えは烏滸がましい欲求だ。

たぶんいろいろ諦めたり割り切ったりしないと満足に楽しめぬ。
などと愚にもつかぬコトを考えてたりするのが深夜というもの。

続きを読む "悩んでなんか、やらんもんね"

|

2013.06.07

自称逸般塵の不通の日記(438) そしてまた一週間が終わって

20130607_img16209_1s


空梅雨にたまの雨、と喜んだのも束の間、降ったのは朝方だけ、
午前中は薄曇りで推移し、昼過ぎにはすっかり晴れてしまった。

今年は梅雨入りが発表されても雨がほとんど降らない日が続き、
日射により暑くなる自室で一向に進まぬ作業を抱えつつ過ごす。

遅れていた作業をようやく片付けるコトができたのは金曜夕方、
入れ違いに打診を受けて見積もっていた別件の失注っぽい連絡。

空ばかり晴れてるのに対し気分は一向に晴れてくれそうにない。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(438) そしてまた一週間が終わって"

|

2013.06.06

そもそも誰のモノでもなく自分のモノ

20130606_img16076_1ts


「今の若い者は苦労してない。自分たちの若い頃は云々」などと僻みっぽく言う老人、
「今の老人は老後が楽でいいよな。自分たちの将来なんて真っ暗だよ」と若い者たち、
そのときどきによって苦労の内容が違っているというだけのコトであり、苦労の総量
なんて比較のしようがないのに、「あっちの方が苦労が少ない」と思ってしまいがち。

続きを読む "そもそも誰のモノでもなく自分のモノ"

|

2013.06.05

買う人もいないのに売るほどのものか?

20130605_img16024_1s


また逆に、物理的ないし経済的などの事情から現実には不可能or非常に困難なコトを
外部から指摘されたのを以て「そう言うヤツがオレを制約するんだ」などと受け取り
無用な反発をするような場合も少なからずあって、これはこれで困った考え方となる。

まだそれが反発の域に留まっているなら可愛いものだが、行き過ぎると恨みや辛みや
妬み嫉みといったのに変質し心理的に癒着したり転移するなど酷い状態になるコトも。
見るコト触れるモノ何もかも自分自身に悪意を抱いているように思えてきたなら末期。

続きを読む "買う人もいないのに売るほどのものか?"

|

2013.06.04

わざわざ売ったり買ったりするほどのものか?

20130604_img16179_1s


自分の親がどうだったかを振り返れば、割と「やりたいように」させていた気がする。
条件があったとすれば、「他人に迷惑かけるようなコトはしない」くらいだったかと。

もともと子供の周囲というのは体力や知識、経済力や行動範囲など様々な制約だらけ。
そこへさらに人為的な制約を加えるのもどうか、とか大人になって思ったりしている。

いやまぁ制約が多ければ多いほど燃える人もいるだろうけどそれは個体差の範囲だよ、
誰もがそういう厳しい制約に打ち勝ってくるべきである、なんて考えには賛成しない。

続きを読む "わざわざ売ったり買ったりするほどのものか?"

|

2013.06.03

どっちを見てますか

20130603_img16165_1ts


児童向け音楽会のような場に子供を連れてくる親というのは
もともとそういうのに親しんでいる人なのだよな、と思った。
そうして非遺伝的に受け継がれていくコトは結構多いはずだ。

非遺伝的ではあるけれど、同一のモノゴトに触れるにしても
どのように受容されるかは成熟度合いにより違ってくるはず。
しかしその全てを誰かがコントロールするなんて到底無理で。

続きを読む "どっちを見てますか"

|

2013.06.02

絵に描いたように見えるのは気のせい

20130602_img16136_1s


久々に両親揃って一緒で実家からドライブした土曜日、
珍しく児童向け音楽イベントを観賞しに行った日曜日。
ちょっとばかり家族っぽいコトをした感じになったか。

続きを読む "絵に描いたように見えるのは気のせい"

|

2013.06.01

自称逸般塵の不通の日記(437) コレも替え?

20130601_img16119_1s


さて月が改まって今年も残り半分となってしまったワケだが……。

かなり長く使っている注入式万年筆を、久し振りに洗浄している。
ユーザーが分解洗浄する想定で作られているものではないけれど、
ほとんどの部品がツメで噛み合わせたり押し込んだだけだったり
しているので構造さえ把握すればメンテナンスもできなくはない。

いやそもそも純正インクを使っていれば分解する必要もないのだ
とは思うけど、いろいろ混ぜ合わせたインクを使っているせいか
部品に色素が吸着されていたり固着しているトコロもありそうで、
同じ型で別の個体を出してきて交代させるコトにしたのであった。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(437) コレも替え?"

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »