« 自称逸般塵の不通の日記(441) 部屋の中にまで停滞前線 | トップページ | 面倒事は纏まって来る »

2013.06.22

下手な知恵は休み休み使うようにした方が無難?

20130622_img16381_1s


「単純作業」に落とし込む部分を増やした方が良いのだろうな。
現状、いろいろなトコロで頭を巡らして考えながら作業してる。

実のトコロ思考するコトのオーバーヘッドは相当に大きなもの、
いちいち考えながら作業をしていたら、そりゃ終わらんワケだ。

アタマを使うのは疲れるから、唸りながら仕事してると次第に
ぐったりしてきて、ついには途中でダウンしてしまったりする。

で、気付けば何時間か意識を失っていたコトに気付いたりして、
余計な遅れにより余計に自分を追い込んで良くないスパイラル。

--
ほとんど考えずに済む単純作業なら、そこまで酷くはならない。
むしろ没頭してトランス状態のようになり気付けば進んでいる。

作業を細かく分解して、アタマを使う部分とそうでない部分を
切り分けて、前者の比率をできるだけ減らしていった方が良い。

ほぼ頭脳労働という仕事の都合上、なかなかそれも難しいけど、
きっと今よりマシな落とし処があるはずなので試行錯誤しよう。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(441) 部屋の中にまで停滞前線 | トップページ | 面倒事は纏まって来る »