« 面倒事は纏まって来る | トップページ | たまには時事ネタ(92) とぎせん?いかにせん? »

2013.06.24

厄介なのは弱い自分

20130624_img16379_1s


期待薄だった先月の商談が正式に流れたとの連絡が入ってきた。
クライアントは作業を分割して委託する計画でいたと言ったが、
結局は別のトコロ(会社組織)に全部持ってかれたという結果だ。
既に予想できてた(どうもそうなりそうだという連絡はあった)
コトではあるけれど、やはり改めて連絡が来ると少し落ち込む。

そんな邪魔が入らずとも腹が減った喉が渇いた眠くなった云々、
作業中断に陥るような理由など普段から既に山ほどあって困る。
そのたびに再開まで時間が掛かってしまうのが常に課題である。

--
仕事が遅いってのは今回の失注の理由ではない(初見の顧客だ)
けど、受注量が中期的に低迷傾向にある背景はほぼそれである。

ともかく空転で失う時間を少しでも小さく抑えるコトに徹そう。
これほど割り込みの用事が多い月末だからこそ鍛える機会かも。

「鍛え直す」ではなく、まだ身に付かぬ能力を得るための鍛錬。
全然まだまだ未熟で貧弱な存在だと思い知らされてるから猶更。

とか言いつつ、たまに泣き言を言いたくなるときもあるけどね。

|

« 面倒事は纏まって来る | トップページ | たまには時事ネタ(92) とぎせん?いかにせん? »