« 夏の前半の終わり | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(445) 意図せぬ停滞日の反省 »

2013/07/14

夏の後半の始まり

20130714_img15768_1ts


そろそろ猛暑も一段落するという予報なのだがやはり最高気温30℃を越える
ようでは動き回る気力はないし自宅を出ずにいても何ができるワケでもなく。

当座の仕事が入ってないので次の案件をなんとか獲得してこないといけない
んだけどそうする気力すら湧かないのがなんとも危険な兆候という気がする。

まあ数日続いた猛暑による疲労感もあると思うので少しばかり英気を養って、
ついでに友人から頼まれた作業を進めつつ、次の活動に備えていくとしよう。

なにせ世間的にも夏枯れ、盆休みなどで暫くは案件の発生も少ない期間だし、
無理すれば身体を壊したり気力を消耗してしまう。という言い訳で雌伏する。

--
相変わらず夏には弱い。まあ苦手なモノの一つ二つ、誰だってあるだろうさ。

|

« 夏の前半の終わり | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(445) 意図せぬ停滞日の反省 »