« 嫌も応もなく同じヨノナカにいる | トップページ | 言葉を躱す、もとい交わす »

2013/07/25

脇目も振ろうよという提案

20130725_img17028_1s


そういえば、「ソレしかできない」人の「ソレ」てのは強いよな。
ソレ以外は不得手だと知っていればこそ、良くも悪くも突っ走る。
しかも、そういう姿が、しばしば多くの人を惹きつけたりもする。

とはいうものの「ソレ」以外のトコロに注意が行き届かないので
一人だったり少人数ならまだしも、大人数の集団となってくると
周囲の迷惑も顧みずに暴走する連中、といった状態になりやすい。

周囲への被害は、集団がカスケード的に大きくなっていく過程で
その集団規模拡大のペースより急激に増大するような印象がある。
たしかに影響力は増すのだ、集団が大きくなれば。良くも悪くも。

まあ集団が拡大していけば内部での意見相違も無視できぬレベル
になってきて次第に分裂したり先鋭化してしまいがちなんだけど、
伸びが爆発的で分裂前に何らかの閾値を越える例もたまにはある。

これがどうなるかは前回前々回あたりで書いたので割愛するけど、
集団の拡大が急激であればあるほど軌道修正も容易でなくなるし、
小規模だった頃よりさらに周囲の状況が目に入りにくくなってく。

かなり初期の段階で先を見据えて周囲に配慮し折り合いをつけて
いけるような人材を取り込んで権限を持たせたりしておかないと、
結局こういう風にして失速していくのが常なのではないだろうか。

--
ある場面で、「ヨノナカそんなに単純ではないよ」と指摘したら、
「勉強しないと議論に参加を許されないのか」的な反論を受けた。
参加資格がないとまでは言わないが、知識に応じた度合いでしか
議論に影響を及ぼせないのも(厳しい言い方だが)現実ではないか。

そういうコトを言わずに済むよう普段から勉強しといた方がいい、
今ここで間に合わなくても次に何かあったときには間に合うかも。
ある意味で、子供がその知識や経験の不足から大人の会話が参加
できず駄々をこねているのと同じで、成長を待たねばなるまいよ。

まあ現実問題、複雑な事情を知っていった多くの人が似たような
落とし処に辿り着くようなモノゴトというのが少なからずあって、
事情を知らず単純に考える人たちとの間に明確な溝ができたりも
するんで、そういう構造上の問題ってのは常につきまとうのだが。

|

« 嫌も応もなく同じヨノナカにいる | トップページ | 言葉を躱す、もとい交わす »