« たまには時事ネタ(94) 民主主義のコストとリスクというヤツを | トップページ | 正義の限界についての話をしようか? »

2013/07/22

不満の声を集めて囃し立てマツリゴト

20130722_img17043_1s


どこに突っ込むべきか迷ってしまうくらい無茶苦茶なコトを言い、
「ほら反論できないじゃん口出しすんな」みたいに誘導するとか
相手にとって無理なコトを「やってみろ」などと言い放った上で
「ほらできないじゃん」みたいなのをやってるのが一部の政治家
などにチラホラいて、「てめーらガキか」と言い返したくもなる。
ガキの喧嘩やバラエティー番組みたいなノリでは政治も機能不全。

--
でもそういう「言い負かされないヤツ」に好んで票を入れる人は
右にも左にも広く分布していて、その根絶は実質的に無理である。

まあ現実というか社会が閉塞感に満ちている上に不安感も深まり、
その不安や不満の淵から怒りの感情が止めどなく沸き出し続ける
状態に陥って中長期的な視点でモノゴトを考えるコトさえできず
短絡的に溜飲を下げたがっているような人も少なからずいるのだ。
その行為が何にどれだけ被害を生じるかなんて考える余裕もなく。

こういうのが次第に増えてって衆愚の道を突き進んでしまうのか、
それとも飽きられて議場を去ったり短慮を悔いて改めるなどして
落ち着いた深い議論ができる状態に戻ってくるのか、実は微妙で。

|

« たまには時事ネタ(94) 民主主義のコストとリスクというヤツを | トップページ | 正義の限界についての話をしようか? »