« こんな自分で大丈夫か | トップページ | 出張旅行記(54) いつ来ても暑く思える街 »

2013/08/02

自称逸般塵の不通の日記(446) ひっかかりながら踏み出す

20130802_img17137_1s


先日、書店に行くついでにブラブラ出歩こうかと思ってバスに乗ったら
携帯電話ケースをベルトに装着しながら中身を忘れていたのに気付いた。
まあこういう失敗もままある。仕方ないんで早めに切り上げて帰ったが、
友人夫婦と取引先、それぞれから連絡があって、折り返して間に合った。

主目的だった書店の方では目当てのモノがなく目的を果たせなかったが、
失敗についてはリカバーできる範囲で済んでいたのが、一応は幸いかな。
と思っていたら深夜になって今度は外出時用のネットブックが故障した。
中身は動いてるらしいが画面は真っ黒、外部出力もできなくなっている。

出張(&友人宅連泊)にはメイン機の大型ノートを担いで行かねばならん、
修理に出すにしてもデータを完全に吸い出して消しておきたいし面倒だ。
……とか、いろいろ考えていたのだが電池を抜き数時間ばかり放置して
おいたところ幸いにも復活してくれた。これも何とかリカバーできたか。

そして翌日、出張前日になってようやく旅費の手配がついた。いつもは
新幹線の改札で合流してチケットを受け取っている仕事だったのだけど、
今回は旅費を後日精算(おそらくイレギュラーが重なってそうなった)で、
所持金が足りず友人に短期間だけ貸してもらい、どうにか間に合わせた。

--
何ともいろいろ引っ掛かった一日なのでのんびり支度していたら未明に
なったが、このまま寝ず出張に出掛ける。いつものカツサンドを食って
新幹線の車中で少し仮眠して、新大阪には少し余裕を持って到着となる。

(出張に限らず)外での仕事を終えた後にはデスクワークが待っているし、
今回に関して言えば友人宅へ泊まり込む約束もあるので明日以降もまた
いろいろドタバタするとは思うけど、まあひとまず動き出した気はする。

|

« こんな自分で大丈夫か | トップページ | 出張旅行記(54) いつ来ても暑く思える街 »