« 凝視する自分、凝結する自分 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(448) 頭痛で棒に振った一日 »

2013.08.12

また一つ消えていく店

20130812_201308101682001


出張&友人宅連泊のため買い置きの食材を消費していて
帰ってきた翌日の仕事帰りには買い出しが必要となった。
そこで最寄りの小さなスーパーに立ち寄ったら数日後に
店仕舞いすると掲示されていて、既に棚からは幾つかの
商品がなくなっている、何とも寂しい状況になっていた。

直接の原因は、まあ徒歩10分ほどの場所で何カ月か前に
オープンした大きめのスーパーだろう。ちょっと遠いが
品揃えは十分で駐車場も完備、かなり手強い競合相手だ。
それと近所のコンビニも、準幹線道路なので密度が高く
各FCチェーンが競争している有様なので、これも手強い。

すでに2~3年前だったか、二番目に近くだった別の店も
店を畳んでいるので、いよいよ近所での買い出しは大型
スーパーかコンビニかという二択になってしまった次第。

--
でもやはり小さくても近所の店というのは大事だと思う、
まして記録的な猛暑熱帯夜の続いたりするような日には。

|

« 凝視する自分、凝結する自分 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(448) 頭痛で棒に振った一日 »