« 半生紀(37) 「嗜む程度には」の程度とは | トップページ | 繰り返し積み重ねて今 »

2013/09/24

自称逸般塵の不通の日記(451) 嗜んでみたつもりが少し違ったかも

20130924_img17463_1ts


だいたいにして日常生活というのは当事者にとっても割と退屈な日々の
繰り返しのようなトコロがあって記録しても面白くなさそうに思えたり
するがそれは当人にとっての認識に過ぎず、今のヨノナカでは異文化に
生きているような人たち、それこそ同じ現代社会の中ながら全く異質な
生活をしている人たちも結構いるというか同種の生活をしてる人の方が
実は少ないものだったりするんで興味深く思えたりするものだし、似た
ような生活をしてる人たちにしてみても「あるある」的な面白味はある、
のでここで日々のハナシを書くのもそれなりの意義を持つと思っている。

--
で先日のコトだが、いろいろな遊びをしている友達から是非にと誘われ、
「限られた時間の中で辻褄の合う文章を書いて読み手に納得させる勝負」
みたいな多人数のゲームの会に、プレーヤーの一人として参加してきた。
まあ勝敗で言えば芳しくなかったが、嗜んだ知識も少しは役に立ったし、
これが実は仕事でも似たようなコトをしているような気がしてならない、
限られた時間内に辻褄を合わせて相手を納得させるトコロとか、などと
月曜だけどカレンダー上の休日だった昨日に先方とは休み明けにという
約束で進めていた仕事の辻褄合わせをしながら、少しばかり考えていた。

|

« 半生紀(37) 「嗜む程度には」の程度とは | トップページ | 繰り返し積み重ねて今 »