« 大きな声ゆえに反発される場面もある | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(449) 9月も気付けば半ば過ぎて »

2013/09/17

大声も聞き流せれば反発せず済むかも

20130917_img17385_1ts


マジョリティというほどでもないけどノイジーな集団
に対して水を掛けるような反応が発生しがちな場面は、
たぶんその声が集団の大きさに比して過剰すぎるとき。

これはネガティブな方向性だけでなく逆方向でもある。
ソーシャル()では、突如爆発的伸びる流行が結構あり、
そいうのにも似たような反動が、しばしば観察される。

「メインストリーム嫌いのサブカル好き」みたいなの
ではあるんだけれど、もちろん「サブカル好き」の中
にもメインストリームを嫌いではない人がいるワケで。

その違いは何なんだ? って考えてしまうワケですよ。

--
といっても何か妥当そうな解を見出したワケでもなく。
当人の性質と周囲の影響の両方なのだろうとは思うが。

同調圧力に敏感な人ほど「日本人は同調圧力ガー」と
叫びがちな傾向があるんではないかという仮説はある。
鈍感だったり受け流せるなら、そんな反発しないしな。

それと異文化に対する受容性っていうのもありそうだ。
「オレだったら私だったら」的な考え方が強かったり
する人は「こんなコトしないのに」って怒りそうだし。

まあ何というか、そういった当人の寛容さのようなの
に対する周囲のノイズの大きさの比較問題かもしれん。

|

« 大きな声ゆえに反発される場面もある | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(449) 9月も気付けば半ば過ぎて »