« 状況と性質に合わせて精神的な処方を使い分けられるといい | トップページ | 半生紀(38.5) 行けるトコロまでは行こうとしていた »

2013/10/10

半生紀(38) 昔々の仕事など思い返せば雑食性?

20131010_img17548_1ts


そういえば20年くらい前には機械加工の仕事をしていたのだ。
というか実家の町工場を手伝っていたような感じだったけど。

そういえばプログラマのような仕事もしたコトがあったっけ、
というかオペレータの方が近いかな、ちょっとした技術職だ。

そういえば現場でアルバイトを監督する仕事もしていたよな、
というか工事現場ではなく交通量調査の現場だったんだけど。

そういえば大学の頃に水道工事のバイトをしたコトもあった。
それから少しだったが農作業の手伝いも経験した、研究室で。

改めて思い返せば、いろいろな仕事を経験してきた気はする。
まあまだまだ全然やってない仕事はあるんで自慢にならんが。

今は全く違う仕事だが、逆に他人の仕事の様子を見聞きして
それを元に具体的なイメージを膨らませる感じで補っている。

もっと多くの職業を体験してきたという人も、友達にはいる、
けど何もかも経験するにはヒトの一生など全く足りはしない。

--
割といろいろな体験をしてきたけど逆説的に思うコトもある、
体験を諦めるという選択肢を避けてきた結果ではないか、と。
(いやいろいろ事情があってそうなったのも事実なんだけど)

実は新卒採用年功序列終身雇用年金充実な一生を送った方が、
(金銭面はもちろん)「他の可能性を選択しなかったコト」に
よるメリットを享受できて恵まれているのかもしれないのだ。

他の可能性を選択しなかったデメリットも、そう大きくない。
せいぜい世間知らずに陥るだけでしかなく、現代の日本社会
の中では狭い枠の中から出たりしなければ問題にもならない。

そんなこんなで人生の何度目か数えるのも面倒になってきた
誕生日をまた一つ過ごし、諸々の身勝手だとか好奇心だとか
がもたらした、ある意味で余計な体験の数々を回顧してみた。

|

« 状況と性質に合わせて精神的な処方を使い分けられるといい | トップページ | 半生紀(38.5) 行けるトコロまでは行こうとしていた »