« 自称逸般塵の不通の日記(454) 急な季節の変化に注意 | トップページ | 些細な点を確認するのは良い点を探すときに使うといいよ »

2013.10.07

疲れたら休んでもいいんだよ、その後は少し大変だけど

20131007_img17534_1s


木々というのは疲弊すると早く葉を落としたりするもの。
そして次の春にこそ力を発揮しようと長めの休息を取る。

ときたま枝一本だけ先に色付いてたりするコトもあるが、
途中の維管束が痛むなどして弱った枝なのではないかな。

--
暑さを苦手とする身にとって活動性が落ちるのは逆に夏、
特に今夏は仕事と収入の落ち込みが酷く夏眠状態だった。

なけなしの力を何とか維持して危機を凌いだといっても
もともと底をついていたのだ、苦しい状況は続いている。

だから、これから勝負をかける必要があるのは変わらず。
安定した生活に戻れるとしても、それまで長く掛かろう。

そうなんだよ、単に辛うじて生き長らえただけのコトで、
今夏の危機を凌げなかったらもっと酷い状況にいたはず。

せいぜい「死に損なった」とでも思って生きていくかね。
まあ死に損なった経験なら過去にも何度かあったんでな。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(454) 急な季節の変化に注意 | トップページ | 些細な点を確認するのは良い点を探すときに使うといいよ »