« 賞罰の感覚 | トップページ | 経験の使い方 »

2013/10/17

努力と結果

20131017_img17595_1s


「頑張った人に報いる」というのも少し妙なハナシであり、
何と言うか価値観の押しつけのようにも思えてしまったり。
いくら頑張ったって結果が出ない、報いられない場面など
現実のヨノナカではむしろ当然のようなものだと思うのだ。

「頑張った人は報いられねばならない」という信仰を守る
のは個人の自由であって誰がどう思おうとも構わないけど、
「頑張った人が報いられない社会は間違い」てのも不自然、
せいぜい「頑張ってる人を応援したい」というトコロでは。

ヨノナカがおかしい、正しいヨノナカであるべき、という
考え方は自分の行動規範にこそ適用するのが望ましかろう。

--
苦労したからって報われるとは限らないってハナシも同様。

苦労してきた過去を「あれは糧になった」と振り返ったり
苦労の渦中にあって「これを糧にするぞ」と前向きになる
のは自分に向けてのコトであり、妥当な考えだと思うけど、
「自分がこれだけ苦労したのだから皆も同じく苦労すべき」
みたいな方向へ進んでしまったら、もう目も当てられない。

頑張らないで済んだ、苦労しないで済んだ、ならばそれで
良かったじゃないかと、他人事でも素直に喜びたいものだ。

|

« 賞罰の感覚 | トップページ | 経験の使い方 »