« 根気がなくても出せるときには出している | トップページ | 自分の中の自覚できる範囲って信じられないほど狭いよね »

2013/10/25

自分がツマラナイ人間に堕しているんだな、詰まるトコロ

20131025_img17631_1ts


ちょっとした楽しみが提供されていても大概はカネが必要
だったりするのが今のヨノナカ、金銭的な余裕がないとき
そいうのから自ずと足が遠ざかってしまうのも致し方ない。

追い詰められると些細なコトにも苛ついたりして他のコト
までロクな結果にならなくなったりする、それこそ散歩に
出て気晴らししようと思ったって、ふとした弾みで余計な
コトを思い出してしまったりして気が晴れなかったりとか。

ちょっと出歩いてきたけど心身とも鈍っているのは分かる。
明確な運動不足でも体重の変動が小さいのは食生活の都合。
活動が少ないと食事の量も少なめになりがちな体質らしい。

そして摂取エネルギーが少ないのに合わせて身体は消費を
抑えて活動も鈍ってくる、それだけでなく脳の活動までも
一緒に低下してしまうような気がする、おかげでより一層
ロクなコトを考えられなくなってしまってるのではないか。

--
とかそんな余計なコトにばかり意識を取られていたものの
夜明け近くまで作業して遅れまくった案件の一つを片付け、
微妙に寝ボケた状態なのか軽い頭痛と倦怠感があり幾つか
連絡など済ませたトコロで所用ついでに少し遠歩きに出た。

曇り空の下を1時間半ほどで8kmくらい、立ち寄った用事は
10分か15分というトコロなので自己標準より少し遅めだが、
それでも前の日に比べればマトモな歩行になったとは思う。
その気になればまだ何とかできる程度で済んでいて幸いだ。

最近は食費節約のため1日2食だったりした日も多かったが
さすがにこれだけ歩けば食欲も湧いてきて、それなりには
食った。ただしこれは懐具合にツケを残す選択だけれども。

まあそんなクダラナイ活動で時間を費やしているのだから
ツマラナイ人間という現状は受け容れる以外に致し方ない、
ツマラナクナイ人間になろうとする気は、そこから生じる。

|

« 根気がなくても出せるときには出している | トップページ | 自分の中の自覚できる範囲って信じられないほど狭いよね »