« でもまだ気は抜けぬ | トップページ | 適度な環境での放牧 »

2013/11/22

気楽でいないと困難

20131122_dscf8115_1s


「やればできる」と言われるコトは過去に数えきれぬほどあったけど、
前向きになるのが難しく、前向きになれないモノゴトは徹底して苦手。

精神的な抵抗に逆らってモノゴトを進めようとしても進まぬどころか
しばしば後退してしまうほどで、毎度毎度そこに引っ掛かってしまう。

何か欠けたような生活を14年も続けてきて、仕事への前向きさも随分
損なわれてしまったのかもしれない、まあそれは致し方ないとも思う。

だからせめて自分が夢中になって楽しめる何かを新たに得たいのだが、
少々そっちに偏りすぎた気もするので少し気に沿わぬコトでもやろう。

といって「甘やかすな」なんて精神論を振りかざして来られても困る、
努力やら何やらで何とかできるほどヨノナカ甘くないと思ってるので。

--
特に自由業てのは狩猟採集生活のようなもので周囲の環境の影響が大。
要するに運も非常に重要な要素、そんなもん個人の努力だけで何とか
できるワケもないから、全く獲物に出会えないのを全て自分の責任だ
なんて思っていたら自責の念だけで簡単に死んでしまったりしまえる。

それに、焦るあまり狩り場を荒らし獲物を追い払ってしまったような
場面も過去あった。精神的な余裕は後々の仕事のためにも欠かせない。

|

« でもまだ気は抜けぬ | トップページ | 適度な環境での放牧 »