« でもいろいろ考えてはいるんだよ | トップページ | たぶんそれは慣性質量みたいなの »

2013/11/07

悩むのに飽きたら動き出す可能性

20131107_img17793_1ts


後退局面に陥っているときは結果に結びつきそうにない
と思えるような内容であろうとも自分を騙すかのように
あるいは逃避するかの如く努力(のような行為)を続ける。

「頑張ってる」というのは何らかの行為に没頭している
様子を指すのでなく目的達成に必要な活動がリソースを
圧迫しているような状態をいうのではないかと考えてる。

いや実は、最初はそうでもなかったのではないだろうか。
それなりには対策を考え、実施してきたはずなんだけど、
対策の見直しをせぬまま実行を続けるようになってたり。

--
途中から次第に感覚が変わっていっておかしくなるのは、
悩み事だけでなく仕事なんかでも少なからずあるハナシ。

「いつものコト」が肯定的な感覚でなく否定的な感覚に
なってきたら飽きてきてマンネリ化してきたというコト。

で、「何か面白いコトないかな」とか外部の助けなんぞ
期待するようになっていたら、もうそれは確実だろうな。

こうして自分自身の(主にダメな点について)考え続けて
いるのも、さすがに終りにしたくなってきているんだが。

まだちょっと外に頼りたがるような気分が残ってるのか
微妙にキレが悪く、もう一つ何か欲しがってる気がする。

|

« でもいろいろ考えてはいるんだよ | トップページ | たぶんそれは慣性質量みたいなの »