« 批判は甘んじて受けるしかないが | トップページ | 何がどう思われるか、その結果は »

2013.11.11

成功体験てのは共有できるものか

20131111_img17683_1s


「頑張った」という過程と「上手く行った」という結果、
もうちょっと遡って「強い意志で始めた」という発端も
加えていいかな、それら要素は当事者の意識の中で強く
結合し、成功体験を繰り返すたびに強化されていくもの。

強い意志を持って努力をして上手く行った人というのは
三つの要素いずれを見ても他人に語りたくなるものだし、
これから成功したい人にとっても聞きたくなる話題だし、
そりゃどうしたって、「そういう筋書」で語られるよな。

ただね、意志も努力もあって成功しなかった人もいるし、
「意志+努力=成功」とは限らないんだ、とも思うんだ。
持って生まれた肉体や精神、そして育った環境だったり
挑戦の場やそこにいる競合などの環境も、大きな要素で。

あまりにも要素が多い中で単純化が過ぎると誤りに陥る。
ましてや人々に好まれる語り草と考えれば、猶更である。

--
意志とか努力とかそういったのを否定する気は毛頭ない。
人間にとって重要な要素であり、それらを持ち合わせた
者たちを素直に尊敬できる。少なくとも真似はできない。
自分にできぬコトをする人を嫌悪しないようにしている。

ただし、意志や努力を他の要素より重要視する気はない。

多くの人が「自分で変えられるはず」と考えてるだろう
とは思うが、それを決して妥当だとは思っていないから。
だいたい強い意志を持ったり努力を惜しまぬ姿勢なんて、
性格つまり生まれ育ちが大きく影響する要素ではないか?

そも自分を変えるのだって周辺要素次第なトコロがある。

もっと言おう、「自分が持ち続けてきたような意志」や
「自分がしてきたような努力」でなければ認識できない
ような人もヨノナカしばしば存在しているように思える。
これが(他の人は分からないが)個人的には非常に苦手だ。

少し違った意志で違った形の努力をしてきているつもり。

だから「その考え方は今の環境に合わないのではないか」
だとか「その努力の方向は直面する課題に適さないかも」
つまり各要素の噛み合いを調整したらどうか、といった
感じで伝わるよう、自分が助言する際には工夫している。

助言には届ける意志や努力より届いた結果が重要だから。

|

« 批判は甘んじて受けるしかないが | トップページ | 何がどう思われるか、その結果は »