« 奥行きの様子を時系列で示したりする | トップページ | 自分の中の箱に詰め込んだ暗箱にまつわる記憶を思い出す »

2013.11.01

自分のハナシというのは他人事とは全く別モノなのである

20131101_img17686_1s


毎日掲載しているブログには質を落として書き続けられる
のに仕事では時間ばかり掛かってしまって質もそれなりに
しか上がらないのは何故なのか、という悩みを抱えている。
実際その不調が積み重なって今の窮状を招いているはずで。

だから何とかして、仕事にも同じような姿勢で臨めるよう
自分の中のブラックボックスの部分と格闘しているのだが、
自分を変えていく、良いと思える方向へ持ってこうとする、
そういう試みの殆どは、思ったように進んでくれぬものだ。

--
ブラックボックスの中にある欲求を見極める技能も重要だ。
ただし自分用に身に付けてきたソレを、他人に向けて使う
ときには注意が必要、そういった人物の中身を察する能力
というヤツは程度の差こそあれ誰にでも大概あるのだから。
他者から察せられてる可能性を常に念頭に置いて用うべし。

まああと、何かの問題があるとみた他人からの情報などを
余計な御節介を押しつけられたとして敬遠する心理はある。

良くないトコロは分かっていて何とかしようと色々考えて
様々な工夫や努力を凝らしている最中にソレは余計な雑音。
本人以上に考えてくれるというのでもなければ口出しせず、
あるいはタイミングを計って投入してほしいと思うくらい。

まあ迷惑掛けた分の文句は聞き入れざるを得ないとも思う、
それを避けようとすれば人との接点も失われてしまうから。

今の仕事の不調というのは主にメンタルな面の問題だから、
いろいろな人と接触したり、いろいろな人の仕事を観たり、
いろいろ出歩いたり走り回ったり見聞きしたいというのに、
諸々の問題が複雑に絡み合っていて一筋縄では行かんのだ。

|

« 奥行きの様子を時系列で示したりする | トップページ | 自分の中の箱に詰め込んだ暗箱にまつわる記憶を思い出す »