« 秋を名残惜しみつつ | トップページ | もう幾つか寝るだけ »

2013.12.20

冬らしからぬ味覚?

20131220_dscf8672_1s


そういえば、このところ酸味を欲するコトが多くなってきた気がして、
よくコンビニでフルーツヨーグルトなど買って食ったりしているけど
これも、少し疲れっぽくなっているのと関係があるようにも思われる。

--
食の好みは、ときたま変わる。まだ現状では食えなくなった食物とか
料理は特になく、若い頃は手を出さなかったのも食うようになる感じ。
(強いて挙げるなら牛乳か、乳糖不耐らしく腹具合に影響が出やすい)

酸味方面は、あんまり好みでなかった方だ。最大の背景は実家の食卓。
親父は酢が苦手な体質で、ときに唾液腺が腫れたりしたコトもあって、
おそらく元よりさほど好きでない酸味に慣れる必要がなかったのだな。

ところが最近は調味料にポン酢など敢えて使ったりするようになった。
果実類にもあまり手を出さなかったけど、これは個人的な好みの問題。
ヨーグルトも同様。甘味と酸味のある飲食物といえば専ら清涼飲料で。

そいうのに自ら手を伸ばすようになったのだから、変化は間違いない。
一時的なものに過ぎないという可能性もあるし、ひょっとしたら加齢
に伴う体質の変化を示しているのかもしれない、しばらく観察しよう。

|

« 秋を名残惜しみつつ | トップページ | もう幾つか寝るだけ »