« 期待しない方が気楽 | トップページ | 自身を救うのは自分 »

2013/12/11

期待など個人の勝手

20131211_img17754_1ts


他人に頼るのが苦手というか下手になったような事情もあるとは思う。
おそらく一人が長すぎて、あと他者を変に期待して外したような事情。
結果、勝手に善意を押しつけてくるような人くらいしか、もういない。
だから理解不足ゆえの有難迷惑な善意が含まれる割合も高くなりがち。

自分自身の性格と社会の環境、両方の相互作用によってもたらされた
結果であり誰かを恨んだり憎んだりできるようなものではないけれど
当人にしてみれば致し方ないなんて一言で片付けられるものでもなく
ただキモチなんぞ個々人の勝手な基準で生じるに過ぎぬものとは思う。

--
有史前にヒトが獲得してきた性質というのを最近いろいろ考えている。
たとえば集団に対する意識が宗教や社会制度に繋がっている部分とか、
はたまた衛生観のようなもの(テーブルマナーなどに通底する)だとか、
ひょっとしたら苦労が報われる的感覚も同様なのかもしれないけれど。

新しく知ったコトに対し他の人より楽しめるような人は幸いなるかな、
残念ながら自分にはそれほどの感動はなくて、他の知識と結びついて
思考できる範囲が広がるコトは嬉しいけれど、結びつくだけに喜べる
面とそうでない面が何事につけ混在しているだなんて思ってしまうと。

|

« 期待しない方が気楽 | トップページ | 自身を救うのは自分 »