« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014/01/31

アカい狐と緑の……

20140131_epsn8036_1s


政治の色として、「赤」に続き「緑」が、衆愚を集めるバズワードと
化して、信用できないワードとなりつつある気が、個人的に強くある。
「黒」は、まあそりゃネガティブなイメージを持つ色ではあるけれど、
そんコトのを正直に謳う政治活動など、さすがに存在するはずもない。
けど赤と緑の絵の具を足せば、ほぼブラックになってしまうんだよね。
まあその比喩は全くの偶然かもしれないが実際そんな感じなので困る。

続きを読む "アカい狐と緑の……"

|

2014/01/30

心のセキュリティは

20140130_dscf8662_1s


セキュリティは性悪説で臨むのが基本、悪意を持った者が付け入って
くるような隙を徹底的に洗い出し、漏れなく潰しておかないといかん。

けどサービスに性悪説で臨めば客が離れる危険が結構あるようである。
「この店は客を泥棒扱いする」と感じれば、他の店へ行くか我慢する、
(もちろん状況が許す限りだが)そんな客も少なからずいると思うので。
そりゃあ悪意ある人による損失も少しは生じるだろうけど、客商売は
人間付き合いの側面も強い。売り物や対価に双方が満足している限り、
より気分良く付き合える相手と取引したい、そんな心理が働くのだな。

続きを読む "心のセキュリティは"

|

2014/01/29

神仏のセキュリティ

20140129_dscf7842_1ts


で、この厄除けの祈祷は今回が初でなく過去にも何度か受けてるけど、
前回には秋だったせいか一人だったのが、今年は年初に受けたからか
他の人と一緒になって受けるという初の経験となったのが少し異なる。

こういう場合には、リクエストキューをまとめて処理する手順らしい。
で、えーとな、まあ何というか、住所氏名生年月日願意一式まるごと
順番に読み上げるので、むしろそこが気になって仕方なかったのだな。

続きを読む "神仏のセキュリティ"

|

2014/01/28

リモートサーバ神仏

20140128_dscf7838_1ts


月曜、駅前の神社で祈祷を受けてきた。まあいわゆる厄除けであるが、
願ったのは「商売繁盛」。ここ暫く仕事の進捗があまりに酷い状態で、
特に心理面の弱みが強そうなので主に精神安定作用を期待してのこと。

あと、業績低迷の原因の一部には物事が上手く噛み合ってないコトも
あるとあると思うので、そういう「運」のような部分に対しては神仏
くらいしか期待できまい、という考えもある。まあ「ついで」だけど。

続きを読む "リモートサーバ神仏"

|

2014/01/27

「少し違う」の功罪

20140127_dscf5662_1s


複数の作業が存在する場合、一方を片付けてから他方に着手するのと、
随時切り替えて並行して進めるのと、どちらが効率的かは常に課題だ。

タスク切り替えにはコストがかかる。一方で、それぞれのタスクには
段階があり、ところどころ待ち時間が生じたり、アイデア待ちになる
ような場合もある。そのタイミングで切り替えれば気分転換にもなり
コストを上回るメリットが得られる、……コトもあるんじゃないかな。

続きを読む "「少し違う」の功罪"

|

2014/01/26

雑踏の中でも仕事を

20140126_dscf4569_1s


日曜は自宅で仕事する気分になれず駅前のファストフード店まで出て
(いつもの喫茶店に腰を落ち着けるつもりが満席で入れず)作業をした。

でも長居しづらいのよね。仕事してると飲み物けっこう消費するんで。
飲み物の追加注文が容易な喫茶店の方が、より長く腰を据えてられる。
あと、屯する集団もファストフードだと若者が多いのに対し、喫茶店
では高齢者が多いから音量的にみて喫茶店の方がまだマシという印象。
そんなワケで、休日は喫茶店を優先的に選ぶようにしているのだけど。

いずれにしても人の多い都会の雑踏ってのは何をてても疲れやすいね。
普段からそういう生活をしてる人たちは如何にして克服しているのか。

続きを読む "雑踏の中でも仕事を"

|

2014/01/25

ざっと雑踏眺めれば

20140125_dscf8648_1s


知人事務所の新PCセットアップを依頼されて久々に電車に乗って出た。
考えてみれば年始から外での仕事が入っておらず所用で外出するのは
今年初のようなもの、雑踏に身を置く機会もロクにないのだから人格
的にアレな感じになってしまう危険は充分以上にあるかもと危惧する。

特に懸案なのが、他者に対する関心が極めて低く配慮の欠片も見えぬ
人ばかり目立つコトに対する怒りを、ついつい抱いてしまいがちな点。
ひらたく言えば「邪魔なんだよデクノボーが!」といった感覚である。
こういうのはあまり好ましい傾向ではないので注意が必要なのだよな。

続きを読む "ざっと雑踏眺めれば"

|

2014/01/24

都知事選の酷似翌日

20140124_img16968_1s


でいよいよ都知事選が告示され公式に選挙戦がスタートしたワケだが、
何故こう揃いも揃って老害妖怪みたいなのが跋扈しているのだろうか。
右か左かという違いはあるが何処か振り切れてしまったような印象は、
旗色さえ消し去れば随分と遠い世界の人たちに見えるという点で類似。

続きを読む "都知事選の酷似翌日"

|

2014/01/23

生命体の着実な反応

20140123_dscf5525_1s


今年に入ってのコトだけど、初めて右手にあかぎれが生じてしまった。
加齢、食事や生活サイクルの乱れ、仕事が一向に進まないストレスや
10年あまり使い続けてきた石鹸が近所のドラッグストアで扱われなく
なって他の種類に変えたコトなど、いろいろと思い当たるフシはある。
徐々に老眼の兆しも感じる。これもまあ同じようなコトなのであろう。

あかぎれは一時的なもので回復しつつあるが眼の方は微妙かもしれん。
このところ散歩の機会も少なくPC画面と向き合い続ける生活が続いて、
要するに眼球の焦点を遠くや近くへと動かす場面が少なくなっている。
活動が停滞しているのは事実。そのコトは皮膚にも影響しているはず。

続きを読む "生命体の着実な反応"

|

2014/01/22

生命は不完全なもの

20140122_dscf8870_1s


短所は克服せよ弱点は改善せよといった正論が、不完全な存在である
ヒトを精神的に追い詰めてしまう、といった話題が最近よく聞かれる。
正論は攻撃的。しかもそれを吐いた本人は攻撃性に無自覚だから困る。

(ていうか「正論で追い詰められるのは自己責任」といった考えかも)

なにせ正論てのは不寛容で怠惰や能力不足(事前準備や訓練など含む)
といった要素が失敗の原因に少しでも含まれるなら容赦なく攻撃する
ような側面も持つ。自業自得インガオホー! ショッギョ・ムッジョ!

続きを読む "生命は不完全なもの"

|

2014/01/21

皆は何処を行くのか

20140121_dscf8876_1ts


だが自分は他人を参考にするのが極めて下手というのが困ったトコロ。
「こういう風にやればいいんだよ」と例示されてもピンと来ないのだ。

「他人の言うコトを聞かぬ」というより皆の持つ何らかの性質が欠如
しているのではないかと思えるくらい苦手で仕方なく自分で探してる。

続きを読む "皆は何処を行くのか"

|

2014/01/20

通れる道は多いはず

20140120_dscf8871_1s


必要に応じて必要なだけ集中できるなら、どれだけ楽なコトだろうか。
何かの弾みで仕事に集中する場面が時折あるのだけれど原因は不明瞭。
そういう状態に自分自身を持っていくコトができなくて困ってるのだ。

たまたま昨日から今日にかけて集中した状態が少しばかり続いたけど、
遅れを挽回するにはタイミングが遅すぎ&成果も足りないという有様。
まだまだ追い込まれた状態が続いていて作業を続けていく必要がある。

続きを読む "通れる道は多いはず"

|

2014/01/19

通れるトコロを通る

20140119_dscf8653_1s


昨年末頃から火~木曜の午後に定期の(安いくせに何か時間が掛かる)
仕事が入ってしまって身動きが取りづらくなってしまっているせいで
土日くらい遊び歩きたいのだけど遅れている仕事を片付けねばならず
少し身体を休めただけで平日と大差ない作業を続けていたのであった。

まあこういう状況に陥っているのも幾つかの消極的選択を重ねた結果、
なのだろうと思うんだがまあ仮に積極的な選択をしていたとしたって
おそらく現状とそんなに大きく違わぬ状況なんじゃないかと思うので
過去の選択を悔いたりするような気には一向にならないあたり健全か。

続きを読む "通れるトコロを通る"

|

2014/01/18

消極的選択の応用編

20140118_dscf8647_1s


反対運動のようなのが頻繁に発生し、根強く残りやすいという現象も
やはり消極的選択の作用として捉えられるように思うので考察しよう。

世間でよく見掛ける反対運動は、その反対する対象の活動を停滞させ、
ひいては対象の時間や労力、コストを浪費させるといった効果がある。
さらには、その結果に(反対運動による影響も含まれるにも関わらず)
「ほれみろコストパフォーマンス悪い」と文句をつけるオプションも。

ただ、その過程で浪費される諸事、対象だけのものではないんだよな。
社会資本の浪費とは社会全体で支払わざるを得ない構造になっている。
つまり社会が損失を被れば、全員が損をする。これは逃れようがない。
賛成している人たちはもちろん反対者や賛成でも反対でもない人まで。

賛成でも反対でもないような人たちが冷静に全体像を観察してみれば、
「浪費の原因は反対派」「アイツが我儘を言うからオレらが損をする」
といった具合に判断を下す可能性は充分に高い、と言わざるを得ない。
反対運動は結果的に世間の大勢を反対派の敵に回しかねないのである。

で実際、多くの反対運動の類が、そういった経緯を辿って衰えていき
ごく少数のみが残って効果の薄い活動を細々と続けていたりする有様。

続きを読む "消極的選択の応用編"

|

2014/01/17

消極的選択の例とは

20140117_dscf8643_1s


「○○についてマスコミが報じなくなった」みたいなのを聞くたびに
「そうか、もう飽きて使わなくなったのか早いな」という感想を抱く
一方、「報じなくなった」と言ってる当の本人に対しては「まだそこ
気にしてるのか」と思ったりしている。人間、総じて飽きるのが早い。
ましてや大衆の動向に敏感なマスメディアなら、なおさら飽きっぽい。
少しでも新しい話題が出てくれば古いのを捨ててそっちへ向かうので。
こういった選択ならば、極めて積極的なものだし理由も明確だと思う。

その逆の消極的な選択にしても、しばしば「結果オーライ」的な形で
認識され肯定されていたりするケースが多かったりするものではある。
というか人間というのは現状を結果として認識した上でその原因たる
選択などの事象を意識する、現在の基準で過去を判断するというのが
基本であるらしく、それゆえ現状に対する不満を過去に求めるのだな。

続きを読む "消極的選択の例とは"

|

2014/01/16

たまには時事ネタ(98.5) 都政のギリギリ

20140116_dscf8734_1s


自治体選挙なのだから地域に密着した話題を争点にしてほしいけれど、
とはいえ何が都政のテーマになるかというと実は五輪へ向けた施策を
除けば地味すぎるくらい地味なものばかりだったりして、それが課題。

なにせ東京都というのは巨大な行政組織。知事や議員たちの任期より
長く勤めていたりする職員たちも多いはずだし、その彼らが蓄積して
きた知識・知見、ノウハウやマニュアルなどは相当なものであるはず。

知事や議会は、そんな職員たちの仕事を制御するのがせいぜいなのだ。
基本を押さえてさえいてくれれば、そして余計なコトをしなそうな人
であれば、という判断基準が、実は選挙の際にも割と重要だと思うな。

続きを読む "たまには時事ネタ(98.5) 都政のギリギリ"

|

2014/01/15

たまには時事ネタ(98) 国のコトは国政に

20140115_dscf8735_1s


日本最大の直接選挙、都知事選挙への候補者が徐々に出揃いつつある。
以下、先日ソーシャル()方面で呟いたネタを少し掘り下げて書いとく。

沖縄で米軍基地が選挙の争点となるのは当事者性を考えれば妥当だが、
地域内に存在しないどころか30km圏内にもない原発へのコミットだの
行政管轄内に大きな問題が見当たらない国防なんぞへのコミットだの
都政の範疇を超えた話題を争点にした連中ばかり目立つように思えて
いささか辟易しており「そんなの国政でやれ」と言いたくなっている。
一方、五輪についてのコミットなら、開催地としてむしろ当然だろう。

「政権にNOを突き付ける!」とか言うなら、国会議員を相手にやれよ。
関係性の薄いトコロにまでいちいち主張を持ち出すのは煙たいだけだ。
「それはそれ、これはこれ」「国政のコトは国政に、自治体は自治体」
それくらいに割り切って、それぞれで効果的な施策を打ち出していき
トータルで望む姿へ向かうよう作り上げていくくらいの頭は使おうぜ。
もうね「草の根は何処にでも蔓延る」などと揶揄したくもなってくる。

続きを読む "たまには時事ネタ(98) 国のコトは国政に"

|

2014/01/14

自称逸般塵の不通の日記(458.5) 弱い非日常

20140114_201401131709001


喫茶店での作業は自宅より少しばかり集中度が高まる傾向があるけど、
そんなに長時間できるワケではない、というか「いつまでも居られぬ」
からこそ集中しやすいという背景もあって、時間あたり進捗×時間の
積を取れば大差ないコトも多く、時間の節約が図られるだけだったり。

それでも今回のように時間が限られる場面には大きな効果を発揮する。
できることなら、もっと有効に活用して、時間に余裕を作り出したい。

まあそのためには財布に余裕を作らねばならんので、今暫くは我慢だ。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(458.5) 弱い非日常"

|

2014/01/13

自称逸般塵の不通の日記(458) 連休中の日常

20140113_201312081707001


話変わるが世間では三連休というコトになっていたらしいではないか。

もともと世事に疎いというか周辺動向を見落とす傾向が割と多い性質。
何かのイベントがあったのだと後で知るようなコトも多いのだけれど、
終わった後にも知らぬままでいるならば腹立ちや後悔の念は生じない。

むしろ厄介なのは、何かのイベントの直後に初めて知ったとか、日頃
ないような混雑の中へ知らずに入り込んでしまったような場面だろう。

知らずにというか迂闊にも失念していて、というのが今日のデキゴト。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(458) 連休中の日常"

|

2014/01/12

使うなら活かそうよ

20140112_dscf8758_1ts


何に対しても悪い評価ばかり目立ちやすい傾向があるというコトなら、
その傾向に対し逆のバイアスを掛けて考えたっていいんじゃないかな。

何に対しても言えるが、良い面に目を向ける、良い部分を上手に使う、
そして悪い面は出にくいようにする、といった考え方が非常に重要だ。

続きを読む "使うなら活かそうよ"

|

2014/01/11

どこにでもある語弊

20140111_201401011708001


ところが誰かが「○○には××というリスクがある」と言えばそれが、
他の誰かを経て伝えられていく間に「○○は問題だ」みたいになって、
さらに巡り巡ると「○○は駄目」とか「○○は許せない」とか化けて、
何でもかんでも不寛容へと向けていく傾向がヒトの口の端にはあって。

続きを読む "どこにでもある語弊"

|

2014/01/10

その正義も鴨かも?

20140110_dscf8116_1s


対象を理解して批判するというのは、実は非常に知性を要求する行為。
理解してしまうと批判しづらい(そりゃそうだ、たいがい悪意はない)。
だからあえて(自覚の有無はともかく)理解を拒否して非難するのかも。

口コミというのは裏付けが取れていない情報も盛り沢山にあるワケで、
そのまま使えば分からないまま思い込みで非難してしまう危険がある。

そういう現象を(自覚の有無はともかく)利用する連中もいるワケだし。

続きを読む "その正義も鴨かも?"

|

2014/01/09

我も我も、と悪者へ

20140109_dscf8784_1s


人生こんなのばかりだからスカッとするコトをしたい気持ちは分かる。
そんなときソーシャル()などで、叩きやすそうなのを見掛けると危険。
社会に対する問答無用の悪、みたいな設定があると叩きやすくて困る。
あと逆に、そういう設定を信じ込んだような様子の連中も叩きやすい。

先日なども、某老舗経済誌サイトにて“インテリジェンスのプロ”と
称する人物がポエムだかコラムだか分からぬ記事の中で「三重水素を
水素に変換する」という触れ込みのトンデモ技術を紹介し「元素転換
ですね、これは!」とか言ってるのを見て嘲笑したりしていたのだが。

続きを読む "我も我も、と悪者へ"

|

2014/01/08

年頭の挨拶に代えて

20140108_dscf8655_0t


てなコトを考えていたら取引先(元上司の経営する中間業者)から連絡。
前月つまり12月の末〆となった案件のリスト。これに沿って請求する。
が今回は「減給」などと書かれていて二重の意味で嫌な気分に陥った。

真っ先に思ったのは、ヤツが「給料」を払う立場ではない、という点。
こちらは雇用契約を結んでおらず外注先として依頼を受けているだけ。
この点に関しては大いに腹が立った。軽んじられているとしか思えぬ。

どうせ彼から見れば取るに足らない存在の一つでしかないのであろう。
カネを出す側に擦り寄り、出す先には厳しく当たる、それが彼の事業。
(あるいは未だに雇用主だった頃の関係性でしか考えていないのかも)

続きを読む "年頭の挨拶に代えて"

|

2014/01/07

年始の仕事の進捗は

20140107_dscf8849_1s


良いコトではないのだが例年と同じように低調であるあたりが課題だ。
まあ幸か不幸か新年早々から新たな案件が入ってきたりするケースは
ほとんどなく、平常稼働へ持っていきながら徐々に受注が入ってくる
ような流れになれば御の字、というのが例年だけども果たして今年は。

続きを読む "年始の仕事の進捗は"

|

2014/01/06

課題の形も変化する

20140106_dscf8848_1s


ないものを手に入れていく過程は下を見ないでいいから精神的に楽だ。
たしかにあらゆる存在と戦っていかねばならないが周囲全てが対象だ。
だからこそ優先順位を決めて選ぶなど余計なコトを考えずに済むのだ。

むしろある程度のものが手に入ってきたあたりから難しくなってくる。
まだ獲得できていない他人が過去の自分かのように戦いを挑んでくる。
また獲得したものが他人から奪った形になっていたりする場合もある。

そして失ったものを再入手する段階に直面するのはまた違った難しさ。
おそらく新たな段階に入ったときに直面するのは新たな種類の困難で
その解決のためには今までにない新たな方法が必要となるのであろう。

続きを読む "課題の形も変化する"

|

2014/01/05

生活の形も変化する

20140105_dscf8855_1s


1月も5日になると世間の正月気分も抜けてくると同時に依頼元の仕事
始まり即ち納期が迫ってくるのも実感する。のだけどどうしたコトか
今日は疲労感が強く作業を進めるどころか午後は寝落ちしてしまった。

昨年一年間あまり活動が停滞していて運動不足だった影響は大きくて
これほど活力が落ち込んだのも初めてのコトだが加えて加齢の影響が
これほど回復を長引かせるものだと思い知らされたのもまた初のコト。

まあ年末に入院して膝の手術を受けた父が病床での筋力の衰えにより
長時間の着座が苦痛になるなどしておりリハビリにも長く掛かりそう
といった様子を目にするにつけ、年齢との戦いの難しさを思わされる。

続きを読む "生活の形も変化する"

|

2014/01/04

家族の形も変化する

20140104_dscf5170_1s


本年ついに母方の親族の集まりが廃止されて正月の行事が一つ減った。
親族が高齢化して次の世代に移行しつつある、その過渡期なのだろう。

実家では1月4日に揃って初詣に行く慣例となっていたが今年は都合が
合わずバラバラに行き、集まるのは夕食に料亭で、となってしまった。

両親も年老いてきて今まだ元気とはいえ徐々に衰えが見え始めている。
子供世代が長兄を除けば貧乏で迷惑を掛けるコトが多くて申し訳ない。

続きを読む "家族の形も変化する"

|

2014/01/03

正月休みとは何だね

20140103_dscf8790_1s


年末にはカンボジアで年を越す友人とネット越しに少しばかり喋った。
リフレッシュ目的で日本を離れているというのに、日本に残してきた
問題ばかり気に掛けていたので「頭空っぽにしましょうよ」と言った。
まあ当然ながら、半ば自分自身に向けて言ったようなものだけれども。

続きを読む "正月休みとは何だね"

|

2014/01/02

2014(㍻26)年初日出

20140102_dscf8825_1s


ここ数年ほど暗黙裡に恒例となっている友人宅での年越し飲み会では
昨年ほとんど飲む機会のなかった酒を相当量飲んだせいか途中からの
記憶が残っていないコトに気付いて、少し衰えを感じている元旦の夜。

ただ覚えていないだけで割と普通の酔っ払い状態だったようではある。
同じく数年来の恒例となっている初日撮影に友人とを伴って出掛けて
関東平野の西の端の丘陵地への未明の登坂は平然と歩いていたのだし。

徐々に体力の衰えが始まっているのか、友人は以前より足が遅れがち。
まあそれは自分もいずれ通る道、相手に合わせて歩行ペースを落とす。
一人だとペースを落とす理由がないので、つい速度を出してしまうが。

約一年間ほどの停滞ぶりは受注や収入だけでなく精神的にも酷かった。
さらにその影響か体力的にも衰えが見えてくるなど影響も大きかった。
自分にできないコトを思い知って考え直す機会にはなったかもしれん。

続きを読む "2014(㍻26)年初日出"

|

2014/01/01

2014(㍻26)年頭所感

20140101_dscf8220_1s


自戒するトコロは少なからずある、前できていたのにできなくなった
ようなコトも少なくない、以前から足りないと感じている部分も残る、
そういうのの、幾つかはモノにしたいんだが、どこまでできるだろう。

あと、それとは別に、どうせ新たな課題など幾つも出てくるものだし、
新旧さまざまな、そして切迫度も異なる課題の数々を、どれだけ処理
できるかどうかは定かでない、せいぜい可能な限りやっつけたいけど。

続きを読む "2014(㍻26)年頭所感"

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »