« 自称逸般塵の不通の日記(458) 連休中の日常 | トップページ | たまには時事ネタ(98) 国のコトは国政に »

2014/01/14

自称逸般塵の不通の日記(458.5) 弱い非日常

20140114_201401131709001


喫茶店での作業は自宅より少しばかり集中度が高まる傾向があるけど、
そんなに長時間できるワケではない、というか「いつまでも居られぬ」
からこそ集中しやすいという背景もあって、時間あたり進捗×時間の
積を取れば大差ないコトも多く、時間の節約が図られるだけだったり。

それでも今回のように時間が限られる場面には大きな効果を発揮する。
できることなら、もっと有効に活用して、時間に余裕を作り出したい。

まあそのためには財布に余裕を作らねばならんので、今暫くは我慢だ。

--
場所を変えるのは、つまり自宅とは違う雰囲気に身を置くコトであり、
自宅に滞留している日常の空気を切り離すような意味になるのだろう、
とはいえ、さすがに仕事用に欠かせないPCばかりは日頃使ってるモノ、
そこを通じて日常が入り込んでくるので、完全なる非日常ではないが。

日常の延長線上にある非日常、そのくらいが仕事には落ち着くらしい。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(458) 連休中の日常 | トップページ | たまには時事ネタ(98) 国のコトは国政に »