« 皆は何処を行くのか | トップページ | 生命体の着実な反応 »

2014.01.22

生命は不完全なもの

20140122_dscf8870_1s


短所は克服せよ弱点は改善せよといった正論が、不完全な存在である
ヒトを精神的に追い詰めてしまう、といった話題が最近よく聞かれる。
正論は攻撃的。しかもそれを吐いた本人は攻撃性に無自覚だから困る。

(ていうか「正論で追い詰められるのは自己責任」といった考えかも)

なにせ正論てのは不寛容で怠惰や能力不足(事前準備や訓練など含む)
といった要素が失敗の原因に少しでも含まれるなら容赦なく攻撃する
ような側面も持つ。自業自得インガオホー! ショッギョ・ムッジョ!

--
何もかも駄目な人間というのはさすがに困るけど、少しくらい長所も
あるはずで、そこで何とか稼ぎながら、他の部分では社会に依存して
いいんじゃないか、甘えたっていいじゃないか、とか最近は思ってる。

(まあ長所といったってそれ一本で何にでも勝てるワケではないけど)

とはいえ短所に対し気の遠くなるような努力や時間・コストを注いだ
としても元々が短所なだけに期待できるのは人並み程度ではないかな、
それに比べれば長所を伸ばした方が期待できそうな気はするんだよね。

|

« 皆は何処を行くのか | トップページ | 生命体の着実な反応 »