« 正月休みとは何だね | トップページ | 生活の形も変化する »

2014.01.04

家族の形も変化する

20140104_dscf5170_1s


本年ついに母方の親族の集まりが廃止されて正月の行事が一つ減った。
親族が高齢化して次の世代に移行しつつある、その過渡期なのだろう。

実家では1月4日に揃って初詣に行く慣例となっていたが今年は都合が
合わずバラバラに行き、集まるのは夕食に料亭で、となってしまった。

両親も年老いてきて今まだ元気とはいえ徐々に衰えが見え始めている。
子供世代が長兄を除けば貧乏で迷惑を掛けるコトが多くて申し訳ない。

--
今年は収入を盛り返して自活レベルに、そしてさらに余裕を持つよう
いろいろ努力や工夫を続けていかねばならぬ、そんなスタートとなる。

いろいろな要素が上手く繋がって回ってかないと生活が成り立たない。
噛み合わず浮上の手掛かりさえ得られなかった昨年、それを痛感した。

そして物事が上手く運んでも、蓄えを持つまでには相当な期間も必要。
カネとは数量がモノを言う、その数量が蓄積するまでには時間を要す。

だから一朝一夕に改善するようなコトはない、それは身に浸みている。
しかし時間が掛かりすぎるようでは何らかのリミットが訪れてこよう。

焦ったって何もならないが、といってのんびりしてはいられないのだ。

|

« 正月休みとは何だね | トップページ | 生活の形も変化する »