« 生活の形も変化する | トップページ | 年始の仕事の進捗は »

2014/01/06

課題の形も変化する

20140106_dscf8848_1s


ないものを手に入れていく過程は下を見ないでいいから精神的に楽だ。
たしかにあらゆる存在と戦っていかねばならないが周囲全てが対象だ。
だからこそ優先順位を決めて選ぶなど余計なコトを考えずに済むのだ。

むしろある程度のものが手に入ってきたあたりから難しくなってくる。
まだ獲得できていない他人が過去の自分かのように戦いを挑んでくる。
また獲得したものが他人から奪った形になっていたりする場合もある。

そして失ったものを再入手する段階に直面するのはまた違った難しさ。
おそらく新たな段階に入ったときに直面するのは新たな種類の困難で
その解決のためには今までにない新たな方法が必要となるのであろう。

--
これは個人の人生だけじゃない、集団の栄枯盛衰でもまた同様のこと。
企業や各種法人やその他団体はもちろん、世代だとか社会階層だとか
そういった明確な形を持たぬ集団なんかも、まるで同じような傾向だ。

まあ段階といっても明確な指標があるワケではなく見極めは難しいし、
段階が変わったコトを理解したとしても適切な対応はさらに難しいし、
いやそもそも課題ってのは解決が困難だからこそ問題なのだからして。

|

« 生活の形も変化する | トップページ | 年始の仕事の進捗は »