« 年始の仕事の進捗は | トップページ | 我も我も、と悪者へ »

2014.01.08

年頭の挨拶に代えて

20140108_dscf8655_0t


てなコトを考えていたら取引先(元上司の経営する中間業者)から連絡。
前月つまり12月の末〆となった案件のリスト。これに沿って請求する。
が今回は「減給」などと書かれていて二重の意味で嫌な気分に陥った。

真っ先に思ったのは、ヤツが「給料」を払う立場ではない、という点。
こちらは雇用契約を結んでおらず外注先として依頼を受けているだけ。
この点に関しては大いに腹が立った。軽んじられているとしか思えぬ。

どうせ彼から見れば取るに足らない存在の一つでしかないのであろう。
カネを出す側に擦り寄り、出す先には厳しく当たる、それが彼の事業。
(あるいは未だに雇用主だった頃の関係性でしか考えていないのかも)

--
もう一つは実務上の問題。この案件ではトラブルがあり、その直接の
原因は自分の勘違いによるものであった、その点には何の異論もない。
が、勘違いを防ぐ手立てを発注者や中間業者が怠ったのも事実だろう。

なにせ、この案件について事前情報は皆無、ぶっつけ本番だったのだ。
「それでもプロだろ」と言うかもしれんが相応の報酬を用意して言え。
もともと安い案件、いろいろ絶望しそうで時給換算などしたくもない。

「今後は少しでもいいから事前情報を」という要求を軽く添えた上で、
「【減額】の件、承知しました」と返信した。それがせめてもの抵抗。
原則として我慢しないと破綻する関係。なにせ相性は最悪なのである。

我慢しながら相互の誤解や蟠りを少しずつ減らしていかないといかん。

|

« 年始の仕事の進捗は | トップページ | 我も我も、と悪者へ »