« ざっと雑踏眺めれば | トップページ | 「少し違う」の功罪 »

2014/01/26

雑踏の中でも仕事を

20140126_dscf4569_1s


日曜は自宅で仕事する気分になれず駅前のファストフード店まで出て
(いつもの喫茶店に腰を落ち着けるつもりが満席で入れず)作業をした。

でも長居しづらいのよね。仕事してると飲み物けっこう消費するんで。
飲み物の追加注文が容易な喫茶店の方が、より長く腰を据えてられる。
あと、屯する集団もファストフードだと若者が多いのに対し、喫茶店
では高齢者が多いから音量的にみて喫茶店の方がまだマシという印象。
そんなワケで、休日は喫茶店を優先的に選ぶようにしているのだけど。

いずれにしても人の多い都会の雑踏ってのは何をてても疲れやすいね。
普段からそういう生活をしてる人たちは如何にして克服しているのか。

--
まあ今回は、人いきれに疲れてしまう前に切り上げて帰ってきたけど、
要するに作業できる時間が短いのだという前提で取り掛かってみれば
むしろ逆に集中できたりするのかもしれないな、とか思ったりしてる。

たとえばイヤホンを耳に突っ込み大きめの音量で外部の音を追い出す、
目の前の画面に意識を集中させ作業に没頭する、てなトコロだろうか。
ん、コレ考えてみれば普通に皆やってるコトなのかな。都会人たちが。

|

« ざっと雑踏眺めれば | トップページ | 「少し違う」の功罪 »