« 出張旅行記(55) 久々の空路で疲労 | トップページ | 苛ついても始まらぬ »

2014.02.26

出張旅行記(55.5) 懐具合の方が寒

20140226_201402251729001


出張先は雪残る札幌。積雪地への出張も考えてみれば久し振りのコト。

主要な道路などで除雪は行われているが歩道など一部には圧雪が残り、
気温は日中こそプラスとなるものの夜には氷点下なので夜道となると
薄く凍った部分も一部ある、けど概ね不安なく歩ける程度ではあった。
(もちろん低重心だからでもあるが、それなりに歩き方も会得してる)

氷点下くらいの気温だと、歩き出してしまえば寒くない、というより
真面目に歩くと暑い。予約していた宿へ向かうのに地下鉄を出たとき
位置関係を誤解していたため大きく遠回りして歩き回ってしまったが、
そのせいか、フロントでチェックインをしている間に汗が垂れてきた。
いやそもそも冬の北海道の屋内は全般的に暑くシャツ姿が妥当な室温。

--
久々の出張とはいえ持ち出してきた作業で時間はないし、カネもない。
宿はススキノ歓楽街から遠くない場所だったのだが飲み歩くのは無理、
30分ばかり散歩がてら店を物色して選んだラーメン屋で夕食を済ませ、
途中コンビニで夜食と缶ビール(サッポロ)を買って部屋に戻って缶詰。

まあ何度も訪れている街なので、たまにはこういう出張でも良かろう。
でも、たまには時間もカネも余裕があるときに来て遊んで回りたいな。

|

« 出張旅行記(55) 久々の空路で疲労 | トップページ | 苛ついても始まらぬ »