« 自称逸般塵の不通の日記(459) 体臭浴場 | トップページ | 塀の上から見渡せば »

2014.02.13

マスコミレストラン

20140213_dscf8888_1s


「ストーリーとかキャラクターみたいなのでニュースを作ってないか」
といった論調のマスメディア批判が、ここしばらくソーシャル方面で
盛り上がっていて、以前聞いた「編集は料理」という比喩を思い出す。

まあ料理には個人の好みがあって人それぞれと言えばそれまでだけど、
できるだけ元の素材に近いのを食いたい人にとっては不満だらけでね。
(食品において食品添加物が嫌いっていう気持ちも分からぬではない)

あと批判的な文脈ってのも割とウケがよいのか多用される傾向がある、
ていうか全面的に非難するようなのが目立つ気がするんだけどそれは
辛口好きが激辛党になったりとか豚骨ラーメンの「油マシマシ」とか?

--
いやまあ料理っていう比喩にしてしまえば趣味嗜好の問題ってなるの
かもしれないけど、といって「外食でなく自炊を」みたいなのもまた
情報の氾濫する現代社会の中では素材集めの手間からして大変なので。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(459) 体臭浴場 | トップページ | 塀の上から見渡せば »