« ヒトにとっての障壁 | トップページ | ヒトが避ければ障壁 »

2014/02/19

ヒトというのが障壁

20140219_epsn8487_1s


自分自身にしても身近な他人にしても、また全くの通りすがりでさえ
他の個体の存在はヒトにとっての行動の障壁として非常に大きな存在。
ヒトのシガラミさえなければ、と思ってしまう場面は、まあよくある。

--
まあヒトの行動をミクロに解釈していくと、割と適当なのだなと思う。
内発的な要素もあるけど、多くは外部からの影響に反応しているだけ、
その原因を突き詰めれば実は自身の言動に対する反発を受けてるだけ、
だったりするコトも多くて、まあ簡単に言えば感情的な作用反作用か。

特に顕著なのが反発心とかそのへん。コレはホントに単純なんだけど、
脳の中でも下層に近いトコロのあるせいか切り離すのも非常に難しい。

それどころか気を抜くと下の層が激しく動いて上層が崩されてしまう。

雪道を歩くときと同じようなもんで重心と接地点を常に意識しないと。

|

« ヒトにとっての障壁 | トップページ | ヒトが避ければ障壁 »