« ヒトというのが障壁 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(460) 週末を挟んで »

2014/02/20

ヒトが避ければ障壁

20140220_201402141723001


ヘイトだとか反○○とか、そういう界隈を見ていると、まあそういう
下層に振り回されているのかなと見受けられるケースも、少なくない。

彼らは大概、ならぬモノはならぬとか言う。何がどう「ならぬ」のか
聞いてみても、理屈で考えれば「別にいいじゃない」と思えるような
コトが多く、そう伝えると妙に激高したり、全く別の理由を持ち出し
また同じような感じの遣り取りが繰り返されたりする、のはよく見る。
ヨノナカならぬモノなどなく、多くは「あり得る」コトだもんだから。

そういうのは、薄々勘付いているんじゃないかと思う。けど認めない。
彼らは、まず第一に気に食わぬのだ。言葉にする理由なんぞ後付けで。

とか考えつつ観察してみると、これがかなり腑に落ちたりするのだな。

--
個人的には、「何が気に食わないのか自身でも明確でないがとにかく
衝動に駆られて不満を示し続ける見知らぬ他人」の存在が気に食わぬ。
けどそういうトコロで相手にして時間を取られるのも気に食わなくて、
最近は見知らぬ他人に関しては見聞きしても可能な限りスルーしてる。

ただ皆がスルーするようになると、まさに彼ら自身が主張するような
「ならぬモノ」なのだなとか受け取ってしまう人も出かねないワケで、
真面目に対処する人も若干いた方が、たぶんヨノナカ上手く回りそう。

ただ普通の立場の人が見知らぬ他人に対してやるのは副作用が大きく、
その役割を担うのは相応の立場の人、または身近な人が望ましかろう。

現実問題それをやってくれる人がいるなら自分は別の責任を果たそう。

|

« ヒトというのが障壁 | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(460) 週末を挟んで »