« 自称逸般塵の不通の日記(460) 週末を挟んで | トップページ | 暗箱に針穴(57) 散歩の友ふたたび »

2014.02.22

自称逸般塵の不通の日記(460.5) 週末を迎え

20140222_epsn8509_1s


金曜中に連絡をくれるはずだった取引先から音沙汰なく停滞した土曜。
友達の集まりには行きそびれたけど懐具合の都合もあるので諦めよう。
忙しくなれば日々どんどん過ぎていくワケだがモタモタしてても同様。

カネがないのと時間がないのの何方が良いかと言えば後者を取りたい。
まあもちろん程度次第ではあるんだけど時間なくてもカネがあるなら
いろいろできるコトはある。生活が困窮するほどカネがない現状では
気力も萎えてしまって時間がいくらあったっても何もできやしなくて。

やるコトが適度にあれば、まあその方が張り合いがあり元気も出るし。

--
なにしろ忙しいっていうのは即ち外出の機会も多いってコトでもあり、
いろいろな場所でいろいろな人に会って話をするのだから刺激は多い。

この忙しさに疲れて/飽きて物事を等閑にしてしまったり、忙しさの
あまり単純ミスを誘発されてしまったり、等々のリスクはつきもので、
そういう失敗で仕事が続かなくなるような事態に陥ってしまわぬよう、
上手くコトを運んで懐具合を改善し、自信のようなのも取り戻したい。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(460) 週末を挟んで | トップページ | 暗箱に針穴(57) 散歩の友ふたたび »