« 忘却される失敗体験 | トップページ | 現に合わねば無意味 »

2014.02.03

アテにならない体験

20140203_dscf8112_1s


何のハナシをしていたのだっけ、何かブラックっぽい社会のハナシか。

何というか、まあ社会を構成する一人ひとりが寛容さを失っていけば、
そりゃ当然、社会全体がトゲトゲしくなり外の社会にも敵対的になる。

理想が高いとか意識が高い人など、割と許容範囲が狭まりやすい傾向。
「必要だからやらねばならない」というのは「やればできる」という
前提が込められていて、「必要性を理解してないからできない」とか
「やらないからできない」といった非難が生じる温床になってしまう。

--
でもそれって人間の能力を過大評価していないかな。にんげんなんて。

ひょっとしたら、過去の偽の成功体験とその自発的強化作用によって
自分の力を過大評価しているから、誰でも同様だと思ってしまうのか。

または高い理想を掲げ高く意識を持ち上げた結果としてそうなるのか。

|

« 忘却される失敗体験 | トップページ | 現に合わねば無意味 »