« もう暮れた日の後で | トップページ | 相変化の進む中では »

2014.02.10

相変化の兆候なのか

20140210_201402101721001


武蔵国の冬は晴れ間が多くて、今回のように記録的な大雪といっても
翌日から再び晴れが続いたりすると、割と早くに融けていくものだな。
出歩くと時折しなびたような雪達磨の名残に出くわしたりする程度で、
路肩には雪山が残るものの、屋根の雪など日射だけで落ちかけている。

環境要因による影響は人為による影響に比べ、やはり大きいのだろう。
その影響は広く満遍なく及んで、なかなか気付きにくいのではあるが。

--
いろいろと先送りにしているモノゴトが溜まっているのを、少しずつ
でも片付けていかないと余計に溜まっていく一方なのではあるけれど、
現時点で用意できる余裕くらいでは減るそばから溜まっていくような
感じで一向に減りそうな気がしなくて、とても残念な気分に陥りがち。

とはいっても溜まる速度が落ち着きつつあるような感触は少しあって、
ひょっとしたら雪解け間近なのではないかという気は、ちょっとする。

|

« もう暮れた日の後で | トップページ | 相変化の進む中では »