« 相変化の進む中では | トップページ | マスコミレストラン »

2014.02.12

自称逸般塵の不通の日記(459) 体臭浴場

20140212_201402101722003


しばらく入浴剤を切らしていた。主に懐の都合だがそれはともかく、
湯船に浸かると自分の体臭が強調されるのか匂いを意識してしまい、
これが中年男というものかと感じ入ったりしていたのは貴重な体験。

--
まあ一人で生活をしている上に勤め人でなく通勤電車など人の多い
環境へ出掛ける機会も少ないもんだから他人の体臭に接する機会も
少ないワケだが、当然ながら逆もまた然り。気付くのは自分だけだ。

ひょっとしたら部屋の中には自分の体臭が充満しているってコトに
なるのかもしれないけど、ここ何年も他人が入ってくるコトはなく、
そういうトコロを指摘される機会は皆無。まあ知らぬが仏なのかも。

|

« 相変化の進む中では | トップページ | マスコミレストラン »