« 未だ明けぬ夜の中で | トップページ | 相変化の兆候なのか »

2014.02.09

もう暮れた日の後で

20140209_dscf8926_1s


前夜、降り止みつつあった頃に玄関周辺の通路を確保したのに続いて、
正午前後に少しばかり実家周辺の路地や駐車場の除雪を手伝ってきた。

その後、居間で休憩していたら日曜昼下がりの情報バラエティ番組で、
行政が住民の意思を無視して云々、みたいな話題を取り上げていたが、
のっけから不満を持つ住民の声ばかり取り上げていて聞くに堪えない。

町長に取材を申し込んだら課長級が応じる、みたいな返答があったと
わざわざ書面まで掲げて紹介、取材では行政側の意図を酌み取ろうと
する様子もなく住民側からの不満の声を伝える様子が流れたりしてて、
ああコレ何なんだろう住民vs行政みたいな構図しか考えてないのかな。

もう聞き飽きたというか、そればかり煽ったって何も進まないのにな。
現状のマスメディアの中の人、特に番組の方向性を決めるあたりの人、
そのへんが昔ながらの「住民の意思を無視した行政」っていう概念に
凝り固まっていたりしないかと思ったりしているのだが如何なものか。

--
都知事選は投票〆切直後にTVテロップで当確が出てくるような有様で、
まあ都民は消去法により最も極端でなさそうな候補を選んだのだろう。
完全に住民の側に立った候補者でもなく、行政ベッタリでもなくてね。

まあ何かを敵視してその相手を打倒するだ何だというような手合いは
皆ちょっと距離を置きたいって思っていたりするのだろうと思うんだ。

|

« 未だ明けぬ夜の中で | トップページ | 相変化の兆候なのか »