« 皆それぞれ変化する | トップページ | 半生紀(40) その自分と周囲の関係 »

2014/03/23

半生紀(39) じゃあ自分の変化は?

20140323_epsn8572_1s


中高年に差し掛かると時代への適応が次第に大きな課題となってくる。

若い頃に初期のパソコンで遊び、その後の発展に伴って次々と新しい
技術が出てきては入れ替わっていく様子をユーザーとして経験し続け、
また関連する業界にも浅からぬ縁があり内情を知るコトも容易だった
おかげで当面まだ暫くはキャッチアップできそうだ、とは思うけれど。

それから、ITというのは発展途上の技術で時代のサイクルが短いから、
10年20年も眺めていれば何周期かの経験が得られる、という点もある。

花の咲くタイミングも読める一年のサイクルほど明瞭ではないにせよ、
「今ここで出てきたのは、こういう流れを辿って、こう広まっていく」
といった予測も、過去の経験から何となく見えてくるような気がする。

--
そう、新しく得るだけではない、今までの蓄積も役に立てられるはず。
生きながらにして歴史に学んでいるようなものだったはずなのだから。

まあしかし水の低きに流れる如く、いずれ何処かに落ち着くのが人生。
人生ってのは(追体験はともかく)何度も繰り返せるワケではないから、
今の自分自身の流れの行き着く先までは、まだ見通せない気がするな。

|

« 皆それぞれ変化する | トップページ | 半生紀(40) その自分と周囲の関係 »