« 半生紀(39) じゃあ自分の変化は? | トップページ | 外患に対しての内憂 »

2014.03.24

半生紀(40) その自分と周囲の関係

20140324_img14126_1s


末っ子として育っていながら、その末っ子の一般的な傾向とは違って
あまり年上に懐かない性質があるのではないかと思い当たる節はある。

友達は同年代か年下が多数、年上の友達も年齢を気にしない人ばかり。

そういえば大学3~4年の頃に参加してた学外の研究会のような団体は、
学部生よりも大学院生の方が目立つ集まりで、珍しく最年少であった。
その団体では旧帝大の博士課程真っ最中という人も少なくなかったし、
別の大学を卒業してから医学部に入って学んでいる、なんて人もいて
年齢の幅は10歳くらいはあったと思うのだけど違和感なく混じってた。
(浪人もしていないから同学年の学部生の中でも最年少だったりする)

このグループの面白いトコロは学際的な集まりだった点にあるだろう。
扱っていたテーマが生命倫理だったもんだから理系も文系も混在して、
参加者の専攻分野も哲学宗教倫理法学医学看護生物その他何でもアリ、
おそらくそれが良かった。同じ専攻の人たちが集まれば一つの軸での
知識や経験の差による上下関係のようなのが自然にできてしまうから。

皆の知識がバラバラだと、それぞれの知識を出し合う形で話が進むし、
それぞれのスキルを持ち寄る形で研究を進めて発表に臨むなどできた。

当時、他の学生・院生より得意だったのは、PC作業や朗読だったかな。
だからデータ整理から発表スライド作成や発表原稿の読み上げをした。
発表会直前の読み合わせで時間が足りないからと速めに読んだりして、
「速すぎない?」「大丈夫、本番では時間に合わせて喋るから」とか、
そんな会話をしていたのを覚えている。そういう自信はあったのだな。

--
まあそもそも学外で専攻分野に直結するとは限らない内容の研究会に
参加するなんていう時点で既に変人の集まりではあったかもしれない。
周囲で「世間一般の常識」とされるものに対し、かなり鈍感ではある。
一方で、興味を持ったら他人があまり進まぬ道にも気にせず踏み込む。

あと、あまり人見知りをしない(ここは末っ子らしい?)傾向もあるか。
ただ相性が悪いというか敬遠したくなるような相手はたまにいて困る。
おっとそのあたり語り出すと長くなりそうだから機会を改めて語ろう。

|

« 半生紀(39) じゃあ自分の変化は? | トップページ | 外患に対しての内憂 »