« ポンプにマッチんぐ | トップページ | 一つだし人生は大事 »

2014/03/11

一つでも人生の大事

20140311_epsn8512_1s


三年目である。地震津波による広域災害を忘れぬため何らかの記念日
として設定される可能性は高いと思うし、個人的にそれには賛成する。

けれども何故か原発事故の日としたがる人がネット上で目立っていて、
マスメディアの一部もオキャクサマに擦り寄るコンテンツを出してる。

「全容なお未解明」っていう見出しの記事があって、一部の人たちの
印象はこうか。「まだ恐ろしい未知の現象が隠されているに違いない
(それを政府とか東電は知ってて隠蔽してるんだ酷い嘘吐きだ許せん)」

でも実際は「大方は分かったけど細かい部分を突き詰めきれていない」
とか「まだ小さな見落としが幾つもある」とかそんなもんだと思うな。
「粗筋を読んで理解した気になる」程度の人たちにとって必要な話題
かどうか。まして書かれてもない悪意が見えてしまう人たちには……。

--
より大きな部分とか筋書きとか骨組みは概ね分かっているワケだけど、
より大きな枠組を見れば、さらに甚大な被害を出した自然災害がある。

一つひとつの人生においては、肉親や友人、同僚などの死はもちろん、
住居や財産、仕事、地域の人の繋がりを失うなどの重大な爪痕を残し、
今も苦しめ続けている、その悲劇一つひとつの、何十万何百万という
数が集まって、ようやく今回の災害の全体像となるはずではないのか。

この日を忘れじというのであれば、そのコトをこそ忘れずにおきたい。

|

« ポンプにマッチんぐ | トップページ | 一つだし人生は大事 »