« 半生紀(40) その自分と周囲の関係 | トップページ | 仲良くなれたら幸い »

2014/03/25

外患に対しての内憂

20140325_201102231037001


その相性問題、自分に対する相手の印象に根差している可能性がある。
「こういう人はこういう中身で、こういう考え方するよね」みたいな
イメージは誰でも幾つかの類型を持っているもので、しばしばそれが
人間関係の障害になっているのではないか、と思ったりしている昨今。

人間それぞれモノゴトに対する反応というのは大きく違ってるもので、
他人のやるコトを見て「何やってんだ何でこんなコトを」などと思う
場面も少なくないが、大概それなりの経験や知識に基づき、そこそこ
合理的な判断に沿って行っているはずなんで、一慨にバカにはできん。

もちろんその判断の基準となる(暗黙知を含む)知識や経験や前提条件
などに実態と乖離した部分があったり、また個別の判断をみれば突出
して異常なものもあるはずなので、検証の必要な案件もあるとは思う。

--
なんかハナシを一般化しすぎて収集つかなくなってきたので打ち切る。

まあ何というか、他人からは変人だと思われがちなんだけど気にする
ポイントが少しばかりズレているだけで応答パターンそのものは普通
の人間でしかないんだよ、ってのが思ってるほどには伝わっていない。

自分が思う内面と、誰かが外から思ってる内面との乖離は実に複雑で、
自分が何かをすれば必ず解消へ向かうなんて方法があるワケもないし、
逆に全てを他人の所為にして自分に何の責任もないというコトもない。

考える甲斐がないわけではないけど、考えても解のない問題ってある。

|

« 半生紀(40) その自分と周囲の関係 | トップページ | 仲良くなれたら幸い »