« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014/04/30

「モノガタリ」需要

20140430_epsn8576_1ts


「可能性はゼロじゃない」なんてのも言い始めたらキリがないハナシ。
具体的にソレがどのくらいの頻度で生じるのかを見極めていかないと。
だけど、そういう見積もりはコツが要るし、どうしても誤差が生じる。

こうした頻度とか確率のようなのを意識しておくコトが望ましいのは、
様々な局面に及ぶ。たとえば読んでいた本には、こんな記述があった。

「そうか、難破船は積荷を詳しく報告せねばならないのか。物事がまともに進んでいるときはあまり資料は残らず、事故があったとき、アブノーマルな事態が起こった時に資料が残るという原則は、難破船の資料でも言えるのか」(大庭脩「漂着船物語 ―江戸時代の日中交流―」岩波新書)

江戸時代に中国から輸入された書籍について調べていた筆者が数々の
資料を当たっていく中で、正規に出入りした船の積荷に関する記録が
あまり残されていない一方、難破して長崎以外に漂着した船の記録の
中には積荷の情報が詳細に記されている場合が多い、と発見したのだ。

さらに筆者は交流先の国にこそ情報が残るという傾向にも触れている。
その国にとっては日常でしかなく、さして重要とされぬ情報だからだ。

「当たり前のものは史料に残らないという原則を考えれば、中国のものは中国にではなく、日本やヨーロッパに残るし、日本の長崎の風景はオランダやスウェーデンのヨーテボリに、また、広東十三行や広東港の絵、ホン・マーチャントすなわち外国貿易に携わる広東商人の肖像も、欧州の博物館にはたくさんあるのに中国ではみられないことでもわかるはずなのだ」(同書)

続きを読む "「モノガタリ」需要"

|

2014/04/29

ないとは言えぬ要件

20140429_img15972_1s


先日、新聞のコラムを何となく見ていたら「mirageはmarriageに似て
いて意味もほとんど同じ」とか書かれていて、まあコラムによくある
大した内容がなくてもとりあえず為政者を揶揄すれば偉そうに見える
的文章で、とりたて面白味も感じられなかったのだが、そんなのとは
全く関係なく幻影か何かのように突如終わった結婚生活を思い出した。

人生ときたま異なデキゴトに遭遇するコトはある、とだけ言っとこう。

続きを読む "ないとは言えぬ要件"

|

2014/04/28

海抜数十㌢㍍の景色

20140428_dscf9147_1s


母の誘いで運河クルーズなるツアーに行ってきた。江戸の東に広がる
水路や運河を小船で巡るという内容で、当初は両親で行く予定だった
のが父に別件があって代理参加、というコトになったのであった次第。

出発地点は日本橋の船着場、大川を通じ東京湾に直結する日本橋川の
護岸上は海抜数㍍、そして乗り込む船は水面から数十㌢㍍のベンチ席。
だからツアーの視点は水面すぐの低さ、高層都市東京を見上げて出発。

たいがい普段は埼玉県西部の丘陵地など出歩くコトが多いので珍しい。

続きを読む "海抜数十㌢㍍の景色"

|

2014/04/27

認識した現状を分析

20140427_dscf9111_1ts


でもやはり気になるもので、外出の頻度も以前の水準まで戻したいし、
歩いたり漕いだりする機会を、もっと増やしたいと考えているトコロ。
出歩くには、何らかの目的あるいは期待感がないと前向きにならない。
特に、現状のようにカネが全くないときには期待感が薄くなりがちだ。

カネがあるなら、たとえば途中で喫茶店に入って寛ぐなどもできるし、
ちょっと欲しい品を買うといった具合に目的を「作る」コトができる。
あと、移動手段だとか、携帯する道具なども、モノによっては出歩く
目的を作ってくれるけど、これも新しいほど効果が高いという傾向が。

続きを読む "認識した現状を分析"

|

2014/04/26

現状を認識せらるる

20140426_dscf9114_1s


一方、先日の靴を買ったサイトでプレゼントキャンペーンをしていて
その対象に(全く気付いていなかったのだが)合致していたとのことで、
商品として男物のインナーシャツが一着、いきなり届いていて驚いた。

黒に灰の脇メッシュ、ピッチリして身体の線が出る今風のスタイルで、
試しに着てみたら少し大きめのサイズだというのにピチピチであった。

たぶん注文した靴のサイズに応じて寸法を選んであるのだろう、実は
身長からみて少し大きめの足であるらしく、シャツもMでなくLだった。
まあ丈の割には幅のある身体で、MとLの間くらいというトコロだから、
伸縮素材で身体に密着するような服なら、このくらいのフィット感か。

続きを読む "現状を認識せらるる"

|

2014/04/25

でも生きてるのは今

20140425_epsn8673_1s


外出ついでに済ませようと思っていた用事を出先で忘れてしまったり、
何らかの事情があって達成できなかったりする割合は、だいたい一緒
なので外出が減ると未達の用事が溜まってくような気がしてならない。

もちろんカネがなくて外出しづらいという事情は前からあるのだけど、
最近は作業場を兼ねた自宅から出ない仕事の割合が多めになっており、
実際それで拘束されて出られない、という感覚に陥りがちなのが現状。

続きを読む "でも生きてるのは今"

|

2014/04/24

昔は今からみて過去

20140424_epsn3289s


今回の日曜には、芝桜の名所まで実家を拠点にドライブで行ってきた。
芝桜では県内随一という場所なのでシーズンには大混雑となるものの、
そろそろ最盛期を迎える頃だが直前情報では少し早く三分咲きだとか、
週末ごとに崩れる天候の谷間に入って雨にもなりそうな空模様だとか、
そういったマイナス要因があるので大丈夫だろうと考えて行った次第。

まあ三分咲きとはいえ場所により満開近い状態になっているトコロも
あるし、週初めの頃の週間予報では雨だったのが前日には曇りとなり
少し肌寒い風が吹いていたとはいえ雨は降らなかったので、ボチボチ
咲いているあたりに観光客が集まっているような状態、と思ってたら
最も人が多かったのは隣接地で催されていた「特産市」だったりする。

こういう日には「花より団子」というコトになってくるのかもしれん。

続きを読む "昔は今からみて過去"

|

2014/04/23

今は昔からみて未来

20140423_epsn8646_1s


ところでPCコンポーネント調達で秋葉原を少し歩いてきたワケだけど、
昔(最初に自分で行ったのは四半世紀くらい前だったか)ながらの電子
部品屋が今でも残っているかと思いきや、結構な割合で外国人観光客
向け土産物を売るようになってたりするみたいな様子で少し興味深い。

ひょっとしたら、芝大門あたりとか浅草あたりのような感じの観光地
へと化していく過程を今まさに目の当たりにしているのかもしれない、
とか思ったけどそれだと近未来小説の舞台っぽくなりそうな気もする。

いやまあ今の時点で既に「昔の秋葉原」とは全く異質の近未来にいて、
かつて想像したSFみたいな生活が一部に入ってきていたりはするけど。

そういうのの変化は緩慢だから慌ただしい日常の中では気付きにくい。

続きを読む "今は昔からみて未来"

|

2014/04/22

OS移行作業など実施

20140422_dscf9112_1ts


念の為に旧環境を残しておきたいのと、拡張ベイを塞いでるデータ用
ディスクを統合したいので、新たに大容量の起動ディスクを調達して
OSも新調ついでに64ビット版として、メモリも3GBから4GBへ増設する
一連の作業を、ようやく入った所得税還付金で開始するコトができた。

仕事が途切れていたタイミングで作業を実施できれば良かったのだが、
パーツ等の調達予算が確保できたのは、その後のコトなので仕方ない。
また旧OS環境を仮想化して取り込めれば良かったのだがライセンスの
都合から諦めた。もし必要となったときのためにディスクだけは残す。

前のOSで使ってたソフトウェアの一部は非対応となるので移行を断念、
今後は使いながら代わりのツールを探しては導入してくことになるな。
(まあひょっとしたらだましだまし使えたりするんでそれも試しつつ)
あるいは用途そのものを別のカタチにしてしまうかもしれないけれど。

十数年も続いてくれたOSのサポートの終了に文句を言う気は特にない。
拡張バスからペリフェラルインタフェースやディスク周りに至るまで
完全に一巡、いや下手すれば二巡するくらいハードウェアが変わって
いく中で単一OSとして保たれ続けたのだから、むしろ感謝するくらい。

続きを読む "OS移行作業など実施"

|

2014/04/21

長く使う品物として

20140421_dscf9098_1s


そういうのに比べると安心して買えるのが、先日発注したような靴だ。
注文の翌週には届いたので、今の古い方は寿命が近いから入れ替えだ。

全く同じシリーズの靴を20年は買っており、2~3年おきに買い足して、
常時2~3足をローテーションしている、前にも書いたが安全靴である。
安全靴とはいえ見た目は普通の革靴、背広にも普段着にも合わせられ、
靴底は滑りにくいし、歩きやすい、しかも自分の足の形に合っている。

続きを読む "長く使う品物として"

|

2014/04/20

つれない態度の顧客

20140420_img11204_1s


何年も前からそうなのだ、どうしようもない。ロクな選択肢も出さぬ
ような会社と、果たして、いつまで契約し続けていられるのだろうか。
いや、月額3000円くらい増えても大して気にならないくらいにカネが
あったなら、文句を言いながらでも使い続けたりするかもしれないな。

でも今は、そういった余裕を消費者に期待していい時代なのかどうか。
これから景気は回復して下層民にもカネが巡ってくるかもしれないが、
その好転の直前とは、すなわち「底を打つ」ときであって、しばしば
負担の切り捨てを行うもの。その候補に入らずに済めばいいんだけど。

続きを読む "つれない態度の顧客"

|

2014/04/19

役に立つか苦言かどうかは受け手次第(120) 「釣った魚にエサをやらなきゃ逃げてくよ」

20140419_dscf9100_1s


先日、顔見知りの新聞屋の営業が来て「消費増税の影響で新規の客が
欲しいから、いろいろオマケするんで短期だけ契約して」と頼まれた。

たまにこういうコトがある。そしていつも大量の土産をくれたりする。
「こんなにくれたら儲けもないだろうに、何ならもう少し長く取るよ」
と言ったが、「たまに新規で取ってくれる客が必要」との説明だった。

要するに組織として新規獲得の成績に偏重した評価をしているのだな。
「ご新規さん」に手厚い営業は新聞屋だけでなくケータイ屋も同様で、
乗り換えた客に払っているキャッシュバックの金額などを見ていると、
長く乗り換えずに使っているユーザーとしては、何とも苦々しく思う。

そのくせキャリアは「人気の端末」やその類似品ばかり売り出してて、
古くからのユーザーに対しても新しい形の端末以外の選択肢を出さず、
その新しい端末を使うとなれば容赦なく月額数千円後半の料金を要求、
つまり、暗黙裡に値上げを強要しているかのように思えてしまうのだ。
客単価を上げるための施策という営業的な観点では正道なんだけどさ。

続きを読む "役に立つか苦言かどうかは受け手次第(120) 「釣った魚にエサをやらなきゃ逃げてくよ」"

|

2014/04/18

食いたいモノは旨い

20140418_201203181367s


何を食いたいかは身体が教えてくれる、というのは珍しいのだろうか。

基本的には、そのときに得られる選択肢の中から、「これがいいかな」
というのが、何となく思い浮かんでくるので、その周辺で選んでいく。
主たる素材に何を据えるかはもちろん、それをどのように料理すれば
好ましいか、割と具体的なメニューとして思い浮かぶので、割と気楽。

たとえば真夏のドライブの帰り、トウモロコシやジャガイモを茹でて
塩か醤油だけ振ったのに齧り付いて麦茶をガブ飲みしたい、と感じた。
成分でいえばナトリウムとカリウムと水分を補充してカロリーを摂取、
しかも消化も早めで、食後ちょっと休めば元気を回復できそうな内容。

真夏の頃といえば、ときたま中華薬膳の鍋を食いたくなるコトがある。
暑さに備え身体が活力をつけたがっている、というトコロなのだろう。
一方、冬は夏ほど身体に負担がない(※個人の感覚です)せいか、強く
特定の食材や料理を欲する感覚は生じず、バランスを心掛ける程度か。

続きを読む "食いたいモノは旨い"

|

2014/04/17

身近な自然の観測記

20140417_dscf7134_1s


意識してないけど自然にそうしている状態を観測しているコトはある。
たとえば、左側を下にして眠るコトが、ここ半年くらいは続いている。
以前は右側を下にして眠るコトもあったのだけど、最近は左側を下に
した方が落ち着くようで、自然にそっちの頻度が高くなっていたのだ。

もともとヒトの内蔵は左右非対称な部分も多いから、どちらかを下に
するとしたら一方に偏るというコトは考えられる、また最近知ったの
だが過去の歯科治療などの跡が服鼻腔あたりまで影響を及ぼしていて、
それが非対称になっているとの可能性を行きつけの歯科医から聞いた。

さて、左側ばかり下にして眠る日々が続くと、何らかの影響を身体の
他の部分に及ぼす可能性も充分に考えられた。そこで気にはしていた
のだけど、このところ左の肩から腕にかけて凝った状態のようなのが
頻繁に感じられるようになり、これが影響なのかもと疑っている状況。

続きを読む "身近な自然の観測記"

|

2014/04/16

自称逸般塵の不通の日記(467.5) お誘いも歓迎で

20140416_dscf9094_1ts


ところで先月末に新聞屋が大量に置いてった発泡酒が一向に減らない。
まあ一人では飲まないんで、このところ他人と飲んでないってコトだ。
当然その最大の理由は貧乏で、酒代がなけりゃ付き合いだって断るし、
それを知ってる友人が誘ってくるなんてはずが、当然あるわきゃない。

そんなワケで何もしない日となった日曜の夜に、前にスーパーの棚で
見掛け買っといた高級オイルサーディンをアテに、プシュッとやった。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(467.5) お誘いも歓迎で"

|

2014/04/15

自称逸般塵の不通の日記(467) 還付を待ちながら

20140415_dscf9090_1s


というワケで一週間ほどストックの記事を垂れ流していたワケだけど
その蓄えも一通り出し尽くしたので、箸休めがてら先週のハナシなど。

先々週からの仕事と火水木の定例の仕事がありボチボチ埋まっていた
予定の最後に金曜日、知人事務所のPCの環境移行作業を手伝ってきた。

定年より少し早く退職して実家の不動産屋をしている知人は、ITには
全く詳しくなくて、大量の文書や業務アプリケーションのデータなど
とにかくロクに整理できておらず、溜め込んだデータの残る古いPCを
今でも使おうとしたがっているので、片っ端から新しいのに移行した。

しかしまだ幾つものソフトが、月に一度か半年に一度か知らないけど
とにかく使用頻度は低いのを幾つ使っているか分からないくらいあり、
まるで移行し足りていないようなので全部リストアップしておくよう、
そしてとにかくXPは可能な限り使わぬよう、言いつけておいて帰った。

こっちはこっちで、未読のまま開きっぱなしだったブラウザのタブを
とにかく200か300くらい溜め込んでて実用に耐えぬほど重かったので、
それを仕事の合間に片っ端から流し読んだりリンクを保存したりして
何とか片付けるなどがあって何だか忙しかったが、少しは落ち着いた。

これで、所得税の還付金が入ったら早々にディスクとOSを買ってきて
移行できるようになる、はず。まあ幾つか移行できない見通しだけど。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(467) 還付を待ちながら"

|

2014/04/14

理系用語で読み解く社会(90) ヒト配置の自己組織化

20140414_epsn8438_1s


実家からの帰りの土曜夜の上り電車は、さほど乗車率は多くなかった。
休日によくある「つがい」や「群れ」の比率も少なく、多くの乗客が
単独行動で、ベンチシートの長い席を、一つおきに間隔を空けて座る。
そして列車が進むにつれ降りる客によって一つまた一つと空席ができ、
また新たな乗客が乗ってきては、同じく一つおきのポジションに座る。
何となく据わりが良いというか、落ち着く場所というのがあるのだな。

ヒトには見知らぬ個体に対し適度な距離を取ろうとする性質があって、
その距離というのは個体差が相当あるものだが、一方で最近の電車の
ベンチシートには一人分ずつの座面設定や2~3人分ずつの手摺の配置
などがあってヒトが安定して存在できるエネルギー準位は飛び飛びで、
その両方の作用が相俟って、ある程度のヒト密度の条件下においては
席一つおきのポジションが自然に選ばれるようになっているのである。

続きを読む "理系用語で読み解く社会(90) ヒト配置の自己組織化"

|

2014/04/13

「つもりはないが」

20140413_epsn8590_1s


友人の中には普段着姿の自分しか見たコトがないという人が結構いる。
逆に仕事着(というか背広)姿しか見たコトがない人もいる。その相手
は遠方で生活していて、出張ついでに会うばかりの人たちなのだけど。

特定の相手に特定の面ばかり見せているってのは結構ありがちなコト。

続きを読む "「つもりはないが」"

|

2014/04/12

その気になれぬとき

20140412_epsn8607_1s


人付き合いの盛んな時期と、そうでない時期がある、といった調子の
波のようなのは、外からは分かりにくいのだろうけど結構あるものだ。
何をしても上手く行かないときには調子を整えつつ機を待つのが基本、
そう考えているから当然ながら相応の期間が必要で、それが波となる。

精神的な調子というのは、数日とか、早ければ数時間でも、割と早い
サイクルで変わってくれる。しかし体調の波は数日から数週間の波が、
体質ともなると数週間から数カ月にも及ぶ長周期の波があったりして、
だから精神的に調子が良いのに身体が追いつかず気が急くコトも多い。

続きを読む "その気になれぬとき"

|

2014/04/11

「その気になれば」

20140411_epsn8618_1ts


一人で考えたりしてるときは少し肌寒いくらいの方が落ち着くようだ。
まあ一人のとき暑くてもそれなりに過ごしてきたものではあるけれど。

ここ半年くらい、いやもっとかもしれないが私生活の上でも仕事でも
いろいろあって、他人との接触が少ない。まあ孤独相とでも呼ぼうか、
要するに、そういう時期もあるよ、というくらいの考え方でいるのだ。
(対比する概念は何と呼べばいいのかな、交友相とか、そんなもんか)

一人でいる時間も好きだし、それはそれで大切にしている、ただそれ
だけのコトに過ぎず、人付き合いが苦手というほどではない、と思う。
というかそれだけのコトであっても孤独相の印象ばかりが他者に残り
「人を避けてる」と思われるのが世間一般というコトかもしれないが。

まあ実際、あまり人の多い環境ばかりにいると疲れてしまいがちだし
人との接触は程々にしといた方が無難だと思うので、それでもいいや。

続きを読む "「その気になれば」"

|

2014/04/10

人間関係に思うコト

20140410_epsn6269_1s


先週の通夜と告別式は次兄の結婚相手の父親が亡くなったためのもの、
なので次兄の友達や仕事仲間なども顔を出していて、その一人は次兄
だけでなく我々兄弟とも30年以上の付き合い、実家にいた頃も一緒に
遊んだり一緒になって食事をしたりした。そういう育ち盛りのときの
ときと同じような雰囲気で(お互い外見は老けたものの)、働き盛りに
なった今でも、同じように集まって喋ったりするのが、どこか面白い。

今回の新しい友達関係では、いろいろな世代、異なる立場の人たちが
集まって、さほど遠からぬ過去の時代、現代史を振り返って話し合う
などしたが、多方向から、多角的に見るコトができるような気がする。
こういう関係もまた、交友関係の中でのデキゴトとして、面白いもの。

続きを読む "人間関係に思うコト"

|

2014/04/09

ある日の女子(?)会

20140409_epsn8643_1s


土曜日は実家から小一時間ほどドライブした場所にある友人宅を訪問。
友人の姉が家庭の事情で心身の調子を崩し、療養のため滞在中という。

友人は母とも友達関係、どちらかというと親世代に近い年齢だもんで、
お姉さんとも、きっと友達になれるだろうとの考えもあって母も同行。

誰だってそうだろう、新しい友人ができて喋り込むのは楽しいものだ。
それが共通の親しい人と一緒だったならば猶更だ。良い刺激になるし。

というワケで、中高年から老境に差し掛かりつつある女性三人姦しく、
散り始める直前の桜が並ぶ川沿いとか城址公園など散策したのだった。

中年男は運転手兼エスコート。あとちょっとした話しの相の手などを。

続きを読む "ある日の女子(?)会"

|

2014/04/08

最後まで使う持ち物

20140408_dscf4949_1s


何年も持ち歩く小さなノートは、すっかりバラバラになりかけている。
使い切るまで粘るつもりでいるが、果たして持ち堪えられるかどうか。

思い返してみれば小学生の頃にはランドセルを何度も壊した。自分用
にと貰ったのはもちろん、兄たちからのお下がりまで壊して、最後の
1~2年間くらいは中学で使うような帆布鞄での登下校が許されたっけ。
(ただし中学では私立に進んで帆布でない制式鞄を使うコトになった)

モノは大切にしているつもりだが日用品は惜しまず使っているせいか
少なからぬ道具や装備品を消耗したり破損したりして使い潰してきた。
鞄だけではない、靴や傘、普段着や仕事着、さらにはPCまでも同様だ。
一眼レフのレンズも、安い標準レンズくらいなら壊れるまで使ったな。

幾つもの品を使い潰した経験から、いつか必ず使い潰すという前提に
立ってリプレースを意識しながら道具を選ぶように、すっかりなった。

(あるいは滅多なコトでは壊れない道具にする、という場合もあるが)

続きを読む "最後まで使う持ち物"

|

2014/04/07

ゆっくり考える時間

20140407_dscf8959_1s


金曜夜、久々にソーシャル方面を全く見ないまま電車移動をしていた。
ちょっと手持ち無沙汰で、何か活字でも持ってくれば良かったかなと
思ったが以前ほぼ常にそうしていたのがモバイルの導入で忘れたのだ。

まあ何もしなくたって、いろいろ思ったり考えたりするのでいいのだ。
せっかくなので乗り合わせた乗客を対象に人間観察をしたり、翌日の
行き先で何をするか考えたり、会う相手のコトを考えたり、色々とな。

続きを読む "ゆっくり考える時間"

|

2014/04/06

差し迫って推移する

20140406_img_5516_1s


もうすぐサポートが終了する例のOSやソフトで、実家や知人事務所の
PCについては移行させたものの、自分自身の分については貧乏もあり
未だ対策を実施できていなかったりするんで、早く済ませたいトコロ。

医者の不養生、とか言ってしまうと偉そうな感じではあるが、近々に
入ってくるはずの所得税還付金でアップグレードを図る予定としてる。
確定申告が期限ギリギリだったので微妙に何日か遅れそうではあるが。

続きを読む "差し迫って推移する"

|

2014/04/05

自称逸般塵の不通の日記(466) 短かった今週

20140405_dscf7916_1s


今週は曜日の感覚が狂いまくった状態で平日に突入する結果となって、
用事が立て続いた翌火曜には昼頃まで眠ってた上に隣のグラウンドで
休日メニューの野球の練習が始まったので完全に日曜日かと思ってた。
考えて見れば春休み、そりゃまあ当然、休日メニューで練習するよな。

そして木曜には、何故か金曜っぽい感覚に陥った。今あるデイリーの
仕事が火水木だからというのもあるが、それは毎週のコトだから不問、
おそらく今週土曜に実家から出掛ける用事が入っており、そのために
金曜には実家入りする予定になったから、休前日=金曜と判断したか。

つまり今週の個人的な「平日」は5日でなく3日という感覚だったのだ。
まあ次の週は、しっかり平常通りの平日として活動するコトにするさ。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(466) 短かった今週"

|

2014/04/04

割とニッチなのかも

20140404_dscf7923_1s


その買い出しのときに思ったのだけど、柔軟剤の棚を見てたら匂いの
いかにもキツそうな花柄バリバリのパッケージを装った商品ばかりが
並んでいて、中年男が買いたくなるようなのが皆無だったというコト。
例外は僅かばかりのエコエコ天然系があるのみ、いやそんなの求めて
ないし、むしろ効力弱そうに感じるんで容赦なく検討対象外にするが。

そもそも男の一人暮らしでは柔軟剤など使わぬという想定なのかなあ。
中年男鰥、オシャレに気を遣わぬように思われているかもしれないが、
それなりには気にしてる、ただ他の人と少しズレているかもしれない。

続きを読む "割とニッチなのかも"

|

2014/04/03

自称逸般塵の不通の日記(465) 一日遅れの纏め買い

20140403_201402251732001


そんなこんなで31日には(入金があって少し潤ったのに!)買い出しも
できず終わり、ようやく翌日の夕方から夜にかけて何店か巡ってきた。

すっかり底をついていた食材や調味料や生活資材など一通り収穫して
きたら消費税増税分にしてみると数百円くらい払った勘定にはなった。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(465) 一日遅れの纏め買い"

|

2014/04/02

自称逸般塵の不通の日記(464) 桜の頃の喧噪その他

20140402_epsn8585_1s


親類に不幸があって日曜夜に通夜、月曜朝に告別式が急遽入り、月曜
午後は知人の事務所を訪問して作業するなどの予定があって、夜には
その知人に誘われて飲んで、帰ってきて片付けもそこそこ23時くらい
には意識が途絶え、久々に10時間くらい熟睡してしまったようである。

春眠だから致し方ないというか、これは寝不足と酒と疲労の影響だな。
風呂も浴びず布団にも入らず炬燵で寝てしまった割には元気になれた。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(464) 桜の頃の喧噪その他"

|

2014/04/01

自称逸般塵の不通の日記(463) ちょっと乗り遅れた床屋談義

20140401_dscf2912_1s


その案件を終えた後、夕方近くになって床屋へ行ったら割と混んでた。
普段あまり待たないタイミングを狙って行くので待ち時間が長いのは
好きでないのだが月末最後の平日営業日だし我慢して待つコトにした。

ようやくカット台に座れたのは春の長い昼間が終わりかけて外が暗く
なりはじめた頃だったか。隣の席にいた先客は今月から大学生になる
という高校生、担当の職人さんに寝台列車が好きだと熱く語っていた。

続きを読む "自称逸般塵の不通の日記(463) ちょっと乗り遅れた床屋談義"

|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »