« 現状を認識せらるる | トップページ | 海抜数十㌢㍍の景色 »

2014.04.27

認識した現状を分析

20140427_dscf9111_1ts


でもやはり気になるもので、外出の頻度も以前の水準まで戻したいし、
歩いたり漕いだりする機会を、もっと増やしたいと考えているトコロ。
出歩くには、何らかの目的あるいは期待感がないと前向きにならない。
特に、現状のようにカネが全くないときには期待感が薄くなりがちだ。

カネがあるなら、たとえば途中で喫茶店に入って寛ぐなどもできるし、
ちょっと欲しい品を買うといった具合に目的を「作る」コトができる。
あと、移動手段だとか、携帯する道具なども、モノによっては出歩く
目的を作ってくれるけど、これも新しいほど効果が高いという傾向が。

--
まだ当面は道具類を新しく買うコトができないので、その代わりでは
ないが古い道具を修繕したり調整するなどして、少し前向きにしたい。

しかしOSを新しくしたPCの方はといえばレガシーデバイスと苦闘した
挙句に断念したり、新しいソフトの扱いに苦闘するなどしている始末。

PCとの格闘は仕事を挟んで断続的に数日間、どうにか少し落ち着いて
きつつあるので、今度は足回りが不調となっていた三輪車の整備など。

こちらはブレーキ鳴きが酷かったり片効きだったりしたので遠乗りは
怖くてできず、そのコトも実は出不精の一因になっていたのであった。

晴れた午後にブレーキシューを外して埋もれた小石を除いて位置決め
しながら取り付け直し、小一時間ほどで完了、夕暮に試運転してきた。

なかなか快調になったので、これで遠乗りも安心して出掛けられそう。

|

« 現状を認識せらるる | トップページ | 海抜数十㌢㍍の景色 »