« その気になれぬとき | トップページ | 理系用語で読み解く社会(90) ヒト配置の自己組織化 »

2014/04/13

「つもりはないが」

20140413_epsn8590_1s


友人の中には普段着姿の自分しか見たコトがないという人が結構いる。
逆に仕事着(というか背広)姿しか見たコトがない人もいる。その相手
は遠方で生活していて、出張ついでに会うばかりの人たちなのだけど。

特定の相手に特定の面ばかり見せているってのは結構ありがちなコト。

--
もちろん仕事先などでは仕事の側面ばかりを見せているのは当然だが、
素で付き合っているつもりなのに結果そうなってしまうような状況は、
果たして良いのか悪いのか、良くないなら対策はどうしたらいいのか、
まあいろいろと考えてしまったりもするが、特定の様子ばかり見せて
しまう無自覚の部分も含めて「素」だと思っておくと良いかもしれん。

そこを敢えてコントロールしようとすれば作為が含まれてしまうから。

いずれ自然な形で、あまり見せるコトのなかった側面を見せる機会も
あるだろうから、そういう場面を楽しみに付き合いを続けていくだけ。

|

« その気になれぬとき | トップページ | 理系用語で読み解く社会(90) ヒト配置の自己組織化 »